あなたに役立つ理系就活情報はこちら

自分が博士進学を諦めて就職を決意した5つの理由【当時の葛藤を暴露】

博士進学に悩んでいる…本当に進学していいのだろうか?

むしろ進学を諦めた人たちはどういう理由だったのだろう?

修士で研究職に就いた人たちの意見を聞いてみたいです。

 

当記事では上記の疑問にお答えいたします。

 

本記事の内容

  • 自分が博士進学を諦めて就職を決意した5つの理由
  • 博士進学を諦めるのは「逃げ」じゃない

 

大学を修士課程で卒業後、企業で日々研究に取り組んでいるくりぷとバイオ(@cryptobiotech)と申します。

学士~修士の3年間の成果で筆頭著者論文2報・共著1報を出すことができましたが、博士には進学しませんでした。

 

当記事では「なぜ自分が修士卒研究職を選んだのか?」について当時の葛藤を暴露します。

当時の僕と同じく、博士進学するか死ぬほど悩んでいる方に向けて。

博士進学をすでに決意している人は読まなくてもOKです。

 

結論を先に言っておくと、博士進学しなくても普通に企業で研究はできるし、さらには企業でPh.D取得の道もあります。

博士持っていないと将来研究できなくなるよ?」みたいなご意見も確かにわかりますが、それが不安なら企業で取得すればいいだけ。

 

もしあなたが博士進学を悩んでいるのであれば、当記事はあなたのお役に立つはずです。

当記事は数分で読めるので、是非ともどうぞ!

 

 

自分が博士進学を諦めて就職を決意した5つの理由

博士進学を諦めたものが進む道

僕が博士進学を諦めて就職を決意した理由は以下の通りです。

 

 

順々に説明していきます。

 

金銭面に不安がありすぎたから

博士進学した学生が貯金を切り崩しているところ

僕が博士進学を諦めた最大の理由は単純に「お金が無かったから」です。

僕が育った家庭は中々の貧乏でして、大学時代に必要なお金は奨学金とバイトで全てまかなっていました。

授業料全額免除や給付型奨学金のおかげでなんとかやってこれましたが、「こんな極貧生活をあと3年もするの…?」と早く卒業したい欲が強かった。

 

コロぽち
コロぽち
でも学振に受かれば月20万円くらいもらえるだろ?それだけあれば十分じゃん。
バイオさん
バイオさん
受からなかったらどうするの…?受からなかった時のリスクでかすぎでしょ。

 

もちろん学振は考えましたし、学振書類を提出する時期に筆頭著者論文も投稿していたので「通るだろう」という期待・自負はありました。

でも万が一のリスクを考えたとき、僕には「就職」よりも「博士進学」の方がよっぽど難易度高かったですね。

 

だったら「修士で筆頭著者論文を投稿した」という実績を活用して、就活でアピールした方がいいだろうと感じました。

結果論ではありますが、修士卒で研究職に就いてもなんとかやれていることを考慮すると、あの時の選択は間違っていなかったですね。

 

金銭面に不安がある学生は、研究が好きでも、研究に自信があっても、修士で就職を意識しておくべき。

 

 

企業でPh.Dを取得できるならそっちの方が良いのでは?と思ったから

博士課程を卒業した人の学位帽子

僕は「企業でPh.D取得したらいいのでは?」とずっと思っていたので進学はしませんでした。

というのも「中央教育審議会大学分科会大学院部会(第81回)」のような情報があることを知っていたからです。

以下の情報は上記リンク先から抜粋した内容です。

 

  1. 平成28年度の全博士課程入学者のうち、41.4%は社会人博士
  2. 平成28年度の社会人博士率は昭和62年~平成28年の間で最多
  3. 「社会人配慮の入学者選抜」「夜間開講」「サテライトキャンパス」など学修しやすくなるための配慮が提供

 

要は、社会人でPh.D取得を目指す人が増え、その結果「社会人博士」を支援する制度が着実に整ってきているということ。

実は院生の頃からこういった情報はちょくちょく目にしていたので、なおさら「無理して進学する必要はない」と思っていました。

 

コロぽち
コロぽち
でも3年でPh.D獲れるのはやっぱりメリットじゃね?
バイオさん
バイオさん
それはもちろん否定しない!でもPh.D獲ったら絶対に研究職就けるかと言えば「No」だよ。

 

「研究を仕事にするならPh.Dを持っていた方が良い」

これは僕も間違いなく「Yes」と答えます。

 

でも「Ph.Dを獲れれば研究職に就けるか」と問われれば、必ずしも「Yes」とは言えません。

Ph.D取得はできたけど研究職に就けなかったという人を何人も知ってます。

 

「別に3年でPh.D取れなくても企業で取得できるなら…」と思うなら、無理して博士進学しなくても良いと考えます。

 

 

スポンサードリンク

研究を“人生”にするつもりがなかったから

研究に人生を捧げている女性研究者

僕は「研究を人生にしたい人」ではなかったので、博士進学はやめました。

「研究を人生にしたい人」とは「企業でもアカデミアでも一生研究をしていたい人」だと解釈してください。

 

僕はそういうタイプではなく「別に開発職でも生産職でも技術営業職でも良い」と思うタイプでした。

当時の一番の希望は「研究職」でしたが、どの職種でも後悔はなかったですね。

 

研究に一生こだわるつもりがないのに、わざわざ進学する必要あるのか…?

と当時はめちゃくちゃ葛藤していたのを覚えています。

 

もちろんPh.Dという資格が人生で強力な武器になるのは間違いないです。

ただ、その資格を得るのは「自分が企業で“研究職”のボジションとして期待されるようになってから」で良いのではと考えます。

 

Ph.D取得→企業に入社したら開発職配属→全然研究できないのがストレスで辞める

みたいな事例もちらほら耳にしますので、修士で研究職(研究開発職・R&D職)に入れるならそれに越したことはないです。

 

バイオさん
バイオさん
企業だと運が良ければ共同研究先の大学でPh.D取得させてもらえるしね。
コロぽち
コロぽち
企業で給料をもらいながら博士課程入学というキャリアプランも普通にありだぞ。

 

「謎の解明」よりも「モノづくり」に特化した研究がしたかったから

研究職によってつくられた化粧品のサンプル

研究室でやっている研究も面白かったのですが、「謎の解明」にあまり興味がなかったというのが博士進学を諦めた理由の1つです。

 

コロぽち
コロぽち
いや別に企業でも研究やるなら「謎の解明」を目指すだろ。
バイオさん
バイオさん
企業は「謎の解明」が目的ではなく、「製品化」のために謎を解くんだよ。スタートの目的が全然違う。

 

アカデミアは論文化が1つのゴールなわけですが、個人的には「論文書けるのは良いけど、これ“いつ”世の中の役に立つんだ?」と思っていました。

 

企業では「モノづくり」のために基礎研究するので、「良い成果が出る=開発行き」が前提です。

個人的には「この研究成果が出れば製品化に直結する」というのが最高のモチベーションになるので、修士で研究職に飛び込むことにしました。

 

「研究もしたいけどモノづくりの方が興味ある!」という修士課程の学生は、企業への就職が良いと考えます。

 

早めに結婚したいと思っていたから

ずっと付き合っていた人と結婚した瞬間

これは完全プライベートな話ですが、僕は早く結婚したかったので進学は諦めました笑

妻(@bio_koropochi)とは大学時代からの長い付き合いでして、博士進学したら3年婚期が遅くなるのか…と当時は思っていました。

 

コロぽち
コロぽち
え、別に博士課程中に結婚している人とか普通にいるやん。
バイオさん
バイオさん
それは同意するけど、博士課程在学中に彼女に別の男ができるケースもあるんやで(白目

 

僕はお世辞でも「イケメン」とは言えない風貌なので(涙)、今の妻と別れたらもう一生結婚できないのでは?と不安でした。

 

もちろん結婚願望が全くない人なら博士進学しても何も問題ありませんよ。

が、結婚願望ある人だと修士卒の同期が3年目くらいで結婚していく姿を遠目で見るのはけっこう焦ると思います。

博士進学した同期から「同期が結婚すると焦る」って実際言われましたし…。

 

「私(妻)と研究、どっちが大事なの?」という究極の選択で妻を選びたい人は、全力で修士卒で企業研究職を目指すべし。

 

コロぽち
コロぽち
これ完全にケースバイケースだろw
バイオさん
バイオさん
あくまで一意見に留めてください笑

 

スポンサードリンク

博士進学を諦めるのは「逃げ」じゃない

博士進学を諦めても努力を続ける修士学生
博士進学を諦めて就職した理由
  1. 金銭面に不安がありすぎたから
  2. 企業でPh.Dを取得できるならそっちの方が良いのでは?と思ったから
  3. 研究を“人生”にするつもりがなかったから
  4. 「謎の解明」よりも「モノづくり」に特化した研究がしたかったから
  5. 早めに結婚したいと思っていたから

というわけで僕が博士進学を諦めて就職した理由を解説しました。

博士進学をやめる理由は人それぞれですが、「こういうのが理由で諦めた人もいるんだ」と参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

博士課程に諦めるのは別に「逃げ」でも何でもないので、修士で企業に入りたいなら安心して入れば良いと思います。

もしあなたも進学に悩んでいるのであれば、ぜひ修士で研究職の扉を叩いてみてくださいね。

 

というわけで当記事は以上です。

当記事が参考になったら、ぜひくりぷとバイオ(@cryptobiotech)のTwitterもフォローしてやってくださいませ。

ではではっ

 

以下、関連記事はこちらからどうぞ!

 

人気記事 価値ある研究者になるために読みたい研究系記事まとめ【どんな場所・時代でも求められる研究者になろう】

人気記事 【理系院生の就活】研究職・研究開発職に就くためのノウハウ・方法論まとめ

ABOUT ME
くりぷとバイオ
くりぷとバイオ
研究を一生続けていくため、まずお金の不安を解消すべく副業を始めた20代科学者。 旧帝大を修士で卒業後、大手企業で基礎研究職に従事。 研究室時代はストレスで心身を病みながらも日夜実験に取り組み、運良く筆頭著者論文を複数投稿することに成功した苦労人&棚ぼたマン(自称)。 暗号資産の面白さ・可能性に惚れこみCoinMarketCapの銘柄を全部調べた経験あり。