あなたに役立つ理系就活情報はこちら
               

博士課程進学に向いている学生の特徴5選【科学者として生きていきたい学生に捧ぐ】

将来科学者として生きていきたいけど、自分が博士課程でやっていけるかわからない。

博士課程でうまくいく人の特徴ってあるのかな?

進学に悩んでいるので教えてください。

 

当記事では上記の疑問にお答えします。

当記事は理系院生向けの記事です。

 

本記事の内容

  • 博士課程進学に向いている学生の特徴5選
  • 博士課程は地獄への門?それとも希望への門?

 

修士で大学を卒業後、大手企業で研究をしているくりぷとバイオ(@cryptobiotech)です。

院生時代は「博士進学か?就職か?」で本気で悩んでいました。

 

当時はとにかく博士課程の先輩やOBに話を聞きまくって、自分が博士課程に向いているか判断しようともがいていた記憶があります。

おそらくこの記事を読んでいるあなたも、僕と同じような悩みを持っているのではないでしょうか?

僕は悩みすぎて軽く鬱っぽくなったので、その気持ちはよくわかります。

 

コロぽち
コロぽち
いやそこで鬱になる意味がわかんねえって。アホかよ。
バイオさん
バイオさん
・・・・・・・

 

というわけで、当記事では「博士課程進学に向いている学生の特徴5選」をご紹介します。

この記事を読んで、自分が博士課程進学に向いているかどうかを考えるきっかけになれば幸いです。

 

 

博士課程進学に向いている学生の特徴5選

博士課程の学生が実験に勤しんでいるところ

僕が色々先輩方に話を聞きまくって、「こういう人が博士課程に向いているんだな」と思った特徴は以下の通りです。

 

  • 研究が大好き(研究を義務だと感じてない)
  • 自分ならやっていけるという“根拠のない自信”がある
  • 人とコミュニケーションを取ること・人前で話すことが得意
  • 博士課程で自分がやりたい研究を明確にイメージできている
  • 指導教官から好かれている

 

順々に解説していきますね。

 

研究が大好き(研究を義務だと感じてない)

博士課程の学生が研究好きすぎていっぱい実験しているところ

これは博士課程に進むうえで最も重要な素質です。

 

「日付が変わるまで研究とか馬鹿らしい」

「家に帰ってまで論文読むとか頭おかしい」

「結果が出ないことを淡々をやり続けることは好きではない」

 

断言します。

こういう風に考えてしまう人は、博士課程に向いていません。

 

なぜなら、僕の同期や先輩で博士課程に進んだ人のうち、上記に当てはまる考えをもちながら成功を収めた人がいないからです。

ちなみにここで言う「成功者」とは、博士課程の卒業要件を余裕で達成して1年間くらい海外に研究留学した自由人をイメージしてもらえればいいかと。

 

バイオさん
バイオさん
そういう成功者たちって、研究が本当に好きなんですよね。
コロぽち
コロぽち
研究のことばかり考えていて、一般の方からしてみたら「狂人」と思われるくらいだよな。

 

研究が好きでブレーキかけずにフルスロットルでやり続ける人と、「あまり研究楽しくないな…卒業だけなんとかできればいいや」と考えている人。

 

どちらが研究者として花開くかは言うまでもありません。

博士課程に進むということは、こういう狂人たちと戦っていくための覚悟が必要です。

 

研究が大好きで、人生のライフワークにしたいという方。

ようこそ博士課程へ。

 

 

自分ならやっていけるという“根拠のない自信”がある

博士課程に向いていると自己暗示かけているところ

前項で紹介したような狂人たちと戦うためには、本当にうまくいくかは別として「自信」が不可欠です。

 

自分は博士課程で絶対やっていける!

余裕で卒業できる!

根拠はないけど笑

 

これぐらい自分に自信を持っていないと、同世代の天才を見た時に心が折れてしまう。

 

博士課程に進む前から「自分が本当にやっていけるのか」と悩んでいる人。

基本的に博士課程に進学してもうまくいっていないことが多いですね。(実際にそういう先輩を何人も見てきました)

 

科学者として生きていくと決断した人間はそこを悩まない。

万が一良い結果が出なかったとしても「さて、どうやってこの状況を打破しようか…?」と自然に考えることができる。

 

一方、その芯がブレブレな人は良い結果が出なかった時に次のように悩みます。

 

「どうしよう…本当に3年で卒業できるのかな」

「やっぱり自分は研究向いていないんだ…」

 

こういう思考で研究を進めるから、研究以外の部分で時間を浪費します。

研究だけじゃなくて、スポーツや芸術もそうだと思いますが、自分自身を信じられない人が成功するわけありません

 

根拠のない自信を持っている人は失敗にもめげない。博士課程向きです。

 

人とコミュニケーションを取ること・人前で話すことが得意

皆の前でプレゼンしている博士課程の学生

人前でコミュニケーションを取ることが好き、人前で話すことが得意という方は博士課程に向いています。

もしかしたら一般の方々は、研究者に対して以下のようなイメージを抱いているのではと推察します。

 

研究室で黙々と1人で実験をしている

コミュニケーションを人と取ることが苦手

穴があったら入りたい

 

コロぽち
コロぽち
最後のやつなんだよ。
バイオさん
バイオさん
僕が文系の友人に抱かれていたイメージです(白目

 

でも実際はそんなことないんです。

積極的にコミュニケーションとったり、自分の仮説を臆することなく人前で話すことができる人が研究の世界で優秀と判断されます。

 

なぜなら、自分の意見や仮説を他人に伝えることができない研究者は他人から共感してもらえません。

研究をより推進する共同研究という流れにもっていけないんです。

 

実際にネイチャー・セル・サイエンスというビッグジャーナルに載る著者数ってめちゃくちゃ多いですよね。

みんな共同研究しているんですよ。

 

つまり、一緒に研究をやろう!と言える能力、すなわちコミュニケーション能力というものは研究においても必須です。

これに自信がある人は博士課程に進学してもやっていける素質を持っています。

 

スポンサードリンク

博士課程で自分がやりたい研究を明確にイメージできている

博士課程での研究を分析・イメージしているところ

やはり博士課程で自分がやる研究をなんとなく意識できている人は強いです。

なあなあで博士課程に進んだ学生とは天と地の差が3年間で開くはず。

 

個人的な価値観ですが、博士課程は「修士2年までに自分が創り出した仮説を、3年かけてモノにする期間」だと思っています。

もちろん博士課程になってから思いついた仮説を同時進行できる人はいて、そういう人はかなり優秀。

 

修士2年で博士過程に進学すると決断した段階で、これからの3年間はある程度想像できていることが大事ですね。

冷静に中長期の研究プランを立てられる人は博士課程に行っても強い。

 

なおB4~M2の間にどこまで成長できればいいのか?ということに関して、以下の記事にまとめております。

企業人の自分から見て、ここに書いてある内容を満たす大学生・院生は優秀な部類に間違いなく入ると思います。

 

 

指導教官から好かれている

指導教官から好かれている博士課程の学生

その研究室の指導教官に好かれている学生は、博士課程に進んでもやっていけると考えます。

なせなら博士課程に進学すると、当然ですがその指導教官と3年は過ごすことになるから。

 

自分の研究が上手くいくためには、指導教官のサポートが不可欠です。

 

ただし指導教官も人間ですので、好きな学生を助けてあげたくなるもの。

指導教官に好かれているか嫌われているかでその3年間は大きく変わるでしょう。

 

あと博士課程に進学したら、研究室内の雑務も少しずつ回ってくるようになります。

研究以外のことも淡々とこなせる学生は、指導教官からの評価がアップし、巡り巡って手厚いサポートが受けられるようになるでしょう。

 

サポートを受けられる土台作りができる人は進学に向いています。

 

スポンサードリンク

 

博士課程は地獄への門?それとも希望への門?

博士課程という未知なる世界を示すイメージ

というわけで当記事は以上です。

前項で挙げたような特徴を持っていると自覚している学生は、博士課程について調べてみると良いでしょう。

 

ネットを見るとよく「博士課程は嫌だ」とか「博士課程は地獄」みたいな話を目にします。

が、それを鵜呑みにして「博士課程のことをよく知らずに企業に進学してしまうこと」は不幸ですね。

 

僕も先輩たちに聞きまくったおかげで“納得して”企業への道を選択することができました。

先輩たちに聞いていなかったら企業に入ってから「やっぱり博士課程の方がよかったかも」と悩んでいたかもしれません。

 

進学か、就職か。

どちらを選択しても、あなたの人生に影響を与えることは間違いないです。

後悔がないように、自分の目で、自分の足で情報収集はしっかりしておきましょうね!

 

当記事が参考になったら、ぜひくりぷとバイオ(@cryptobiotech)のTwitterもフォローしてやってくださいませ。

ではではっ

 

人気記事 【理系院生の就活】研究職・研究開発職に就くためのノウハウ・方法論まとめ

人気記事 価値ある研究者になるために読みたい研究系記事まとめ【どんな場所・時代でも求められる研究者になろう】

外部寄稿記事 大手企業研究職として働く僕が就活生だとしたらこれから取る戦略

ABOUT ME
くりぷとバイオ
くりぷとバイオ
研究を一生続けていくため、まずお金の不安を解消すべく副業を始めた20代科学者。 旧帝大を修士で卒業後、大手企業で基礎研究職に従事。 研究室時代はストレスで心身を病みながらも日夜実験に取り組み、運良く筆頭著者論文を複数投稿することに成功した苦労人&棚ぼたマン(自称)。 暗号資産の面白さ・可能性に惚れこみCoinMarketCapの銘柄を全部調べた経験あり。