仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

博士課程進学を指導教官(教授)から勧められた時に考えるべき6つのこと【進学理由、本当にそれでいいの?】

○指導教官から博士課程進学を強く勧められたけどどうしたらいい?
○こんなに期待してくれるってことは自分に見込みがあるのかな!?
○指導教官はどういう心理で進学を進めているんだろう?

 

本記事では上記の疑問に答えます。

 

本記事の内容

  • 進学を勧められた時に考えておいた方が良いこと6選
  • 勧められたからという理由で進学を決めてはならぬ

 

こんにちは、企業研究者のくりぷとバイオ(@cryptobiotech)です。

 

指導教官に何度も博士課程進学を勧められましたが不動の意志で断り、

修士課程で卒業して現在は大手企業の基礎研究職に従事しています。

 

指導教官から「お前、博士課程行くよな?」と言われたことが、この記事を読んでいるあなたにもあるのではないでしょうか?

 

「お前なら博士課程に行っても絶対にやっていける」

「就職なんてしたら研究ができなくなってしまうかもしれないぞ」

「博士課程に進めば研究職に就ける可能性もグンと上がるから、とりあえず博士課程に行ってから就職を考えればいい」

などなど…。

 

その指導教官からのお言葉を受け、

もしかして自分って研究の才能がある?

もしかして指導教官から期待されている!?

と心の中で思った人もいるのでは?

 

今回の記事では「指導教官から進学を勧められた際に考えるべきこと」に関して、僕が当時考えていたことをまとめます。

 

この記事を読めば、

  • 「指導教官はそういう意味で進学を勧めていたのか!」
  • 「博士課程に進むためにはそういうことを考える必要があるのか…」

と、博士課程進学に関する理解が深まりますよ。

 

この記事はこんな方におすすめ
  • 研究は好きだけど進学するかどうか悩んでいる方
  • 指導教官がここまで期待してくれているのに断るのが申し訳ない…と思っている方
  • 皆からも「お前なら博士でもやっていけるよ」と言われる方
  • 就活したいというモチベーションがなんとなく湧かない方

 

2018/12/1追記
当記事は「アカリク アドベントカレンダー2018」に掲載されました。
リンクURL:https://adventcalendar.acaric.jp

進学を勧められた時に考えておいた方が良いこと6選

指導教官から進学を勧められた際に考えておくべきは以下の6つです。

  • 研究室のテーマは世間的に見てホットか?
  • 指導教官は“自分にとって”信頼できる人か?
  • 学生が博士課程に進学する文化がある研究室か?
  • あなたは本当に博士課程に進学したいのか?(それは自分の意志か?)
  • 自分の研究者としての能力を正しく自己評価できているか?
  • 就職した先輩に話を聞いたことがあるか?

順々に説明していきますね。

 

研究室のテーマは世間的に見てホットか?

研究がトレンドに乗れていることを示す図

あなたの研究室でやっている研究は、本当に世界の最先端を走っていますか?

 

例えば「遺伝子編集」の分野なら、今のホットワードはCRISPR-Cas9でしょう。(2018年11月現在)

 

遺伝子編集を専門とする研究室が、この技術に全く触れずに研究を行っていたとしたら、

それこそ「まだCRISPR-Cas9使ってないの?」と世間からは思われてしまうかもしれません。

 

コロぽち
コロぽち
もちろんCRISPRを使わなくても研究成果は創出できるけど、研究スピードで遅れがちになってしまうのは間違いないよな…。
バイオさん
バイオさん
この技術、機器が使えればもっと早く研究が進むのに!と思うことは僕も学生時代よくあったなあ…。

 

昨今のNature, Cell, Scienceを見ると毎週・毎月CRISPR関連の記事が出版されています。

TALENとかZFNなどの他の編集技術が時代遅れというつもりは毛頭ありませんが、世間の流れに乗れてはいないですよね。

しかも「Target-AID」などの新しい編集技術の台頭を見ていると、今はCRISPR-Cas9すら時代遅れになりつつある…。

 

バイオさん
バイオさん
仮想通貨でいったらビットコイン的な感じですかねCRISPR-Cas9は。
まさに初代です! 
コロぽち
コロぽち
お、おお…なるほどな…。
(ここで急に仮想通貨を例に挙げる必要ある?)

 

「こんな研究、企業だったらお金出して一瞬でやっちゃうよ…」

「今からその研究して、どんな新しい知見が得られるの…?」

「もう他の研究室が先にやっているよ…」

「この研究室は時代から取り残されている…!」

 

とあなたが心の中で少しでも思っているなら、個人的には、その研究室で博士課程進学することはオススメしません。

なぜなら今の研究業界は「新規性があって、かつ出口の見える研究(応用先が想像できる研究)」に対して研究費が割かれる傾向があるからです。

 

バイオさん
バイオさん
本来サイエンスはそういうものではないんですけどね…

 

その研究室が行うテーマは世界的に見てもちゃんと新規性・先駆性があるのか?

 

それが確信できないと、せっかくその研究室で博士課程に進学しても、

研究費がなくて研究が進まない…となるかもしれませんよ。

 

自分の研究がトレンドに合致しているかを判断するには、Sustainable Development Goals(SDGs)を参考にするのがおすすめです。
あとで以下の記事も是非ご一読ください。

>>SDGsで研究のトレンドに乗れているか確認しよう!【Sustainable Development Goals】

SDGsで研究のトレンドに乗れているか確認しよう!【Sustainable Development Goals】 本記事では上記の疑問に答えます。 本記事の内容 研究にも活かせるSDGs(Sustainab...

 

指導教官は自分にとって信頼できる人か?

信頼しあう指導教官と学生
○周りが「あの先生は良い人!」と聞くから大丈夫!
○自分の話を親身になって聞いてくれるから大丈夫!
○いつも研究指導してくれるから大丈夫!

そう思っているあなた、要注意です。

優しい指導教官の中には「博士課程に進んだ瞬間に変貌する人」がいます。

 

なぜ変貌するか?

それは「博士課程に進ませるために優しい姿を演じていた可能性があるから」です。

 

研究室内の学生が博士課程に進学すると、その研究室は国から一定額の研究費が支給されるという事実はご存知ですか?

日本学術振興会のサイトによると、その学生が仮に特別研究員(DC)に認定されたら、年間150万円以内の研究費が支給されます。

 

つまり、学生が博士課程に進めば進むほど、

その研究室は研究費が増えるかもしれないわけです。

 

しかも「博士課程の学生」という大変貴重な労働力も手に入れることができます。

さらにDCは研究室の功績にカウントできるし、その学生たちの成果で研究室はさらに名を馳せる。

 

コロぽち
コロぽち
おお…。そりゃ博士課程に全力で進めようとしますよ…。
バイオさん
バイオさん
もちろん中には本気で学生のためを想って進学を勧めてくれる指導教官の方もいるけどね。

 

あと友人から聞いた話ではありますが、修士課程の頃は非常に優しかったのに博士課程に進学した途端、

「自分の意志で進学したんだろ?人に甘えないで一人で研究を進めろ!だが研究室の雑務もやりながらな。」

とハシゴをはずす指導教官もいらっしゃるとか。

博士課程に進んだらもう20代後半に足を踏み入れることになります。
自分の意志で物事を決定できる能力が求められるということでしょう。

もちろん全ての指導教官がそうだと言うつもりは全くありません。

でもあなたの指導教官はいかがでしょうか?

 

信頼に足る指導教官だとあなたは断言できますか?

 

博士課程進学の学生が多い研究室か?

博士課程に進学していく学生たち

良い研究室というのは、毎年1~2名が継続して博士課程に進学しています。

その研究室では素晴らしいことに、博士課程の学生が学士・修士課程の学生を指導する環境が整っています。

 

修士課程の学生も博士課程に進学している先輩たちの姿を日々見ているので、博士課程に進学するイメージが掴みやすい

そして博士課程の先輩に指導されたという経験があるから、自分も博士課程になったら後輩に指導してあげよう!という良い流れの連鎖ができます

 

一方、博士課程が全然いない研究室で進学を決断するのはリスキー

博士課程1年になった瞬間に、自分がその研究室の学生では最年長になるわけです。

自分の研究もしないといけないのに、当然後輩の面倒もほぼ全て任される。

忙しくて後輩の面倒が見れなくなってくると、「あの先輩は全然指導してくれない!」と後輩から牙を向かれる可能性も

さらに後輩はあなたに対して憧れを抱かなくなるので、なおさら博士課程を志す学生は減るという悪い流れの連鎖に。

 

コロぽち
コロぽち
博士課程といってもまだ研究者としては駆け出しだから、指導を受けられるにこしたことないよな

 

自分が博士課程で在籍する研究室には進学の文化があるか?

進学前に今一度しっかり調べてみましょう!

 

あなたは本当に博士課程に進学したいのか?(それは自分の意志か?)

博士課程進学を悩む学生
○あんなに自分を応援してくれる/期待してくれる指導教官を無下にはできない…。
○就活が上手くいかなかったから博士課程にとりあえず進むか…。

 

バイオさん
バイオさん
上記が博士課程の進学理由になってしまってはダメですよ!

 

博士課程に進む理由もないまま適当に進学したら、博士課程を前提として考えている同世代の学生には絶対勝てません

 

心を折られて、博士課程を辞めて就職もできないという結果になる可能性が高い。

意志なき決断は、地獄に落ちます。

 

しかも「誰かが言ったから」を理由にしている時点で他力本願になっていますので、

もしうまくいかなかった場合に責任転嫁するという最悪な事態になりかねません。

 

バイオさん
バイオさん
仮想通貨で考えると「あいつが絶対儲かるって言ったから投資したのに暴落したじゃないか!責任とれ!」って文句言うみたいなものです…!
コロぽち
コロぽち
まあ確かにそこは自己責任だよな(だからなんで仮想通貨…?)

 

お気持ちはわかりますが、周りから見ていてこんなに恥ずかしいことはないです。

決断の先にある「結果」はどんなものであれ自己責任です。

博士課程進学も同じで、進むなら自己責任。

 

「本当に進学したいのか?」と自分自身に問いかけてみましょう!

もし進学したいと思うなら、それはなぜですか?

 

その「なぜ?」に他人が入ってきているのであれば、進学は再考した方が良いでしょう

 

研究者としての能力を正しく自己評価できているか?

自己評価する学生

あなたは自分の研究者としての能力を客観的に評価できていますか?

 

研究の道で生きていく!と決めたならもう年齢は関係ありません。

スポーツや芸術と同じ、研究も単純な実力社会です。

その実力社会で大切なことは「自分の現状を正確に把握し、それを少しずつ改善していくこと」だと僕は思っています。

 

あと自分のライバルになる存在を自覚しておくのも大事。

  • あなたの研究分野のライバルは誰ですか?
  • どこの研究室がその分野の最先端を走っていますか?
  • どうやったら差別化できる研究になりますか?

などなど…

博士課程に進むのであれば、競合はしっかりリサーチしておきましょう!

 

それは億劫だ…と思ったあなた、博士課程に進学して本当に大丈夫ですか?

研究の世界は想像以上に熾烈な世界です。

 

博士課程に進むことが絶対の正解ではないと思うので、その場合はもう一度再考しましょう!

 

バイオさん
バイオさん
自分の立ち位置がどこか?を把握し続ける力は研究者として必須です! 
コロぽち
コロぽち
自分のライバルを正確に嗅ぎ分けられる人は早く成長するよな。

 

就職した先輩に話を聞いたことがあるか?

OBに連絡を取る学生

博士課程でなくても、修士課程卒でがっつり基礎研究はできます。

僕がまさにその典型例です。

僕は研究室時代でも楽しく研究できていましたが、なかなかのブラック研究室で「これはいつか肉体が崩壊する」といつも思っていました。

 

もっと人間らしい生活をしながら研究したいと考えた時、研究費と人員が豊富な場所に行けばいいんだ!と悟り、

その結果、僕が辿り着いた答えは「大企業の研究開発職」でした。

 

もちろん企業では社内のしがらみもありますが、

入社したばかりの僕が数百万クラスの研究委託をポーンとさせてもらえたりします。

 

  • 博士課程に進学しないと研究ができなくなる
  • 企業研究はモノづくりで、アカデミアのような基礎研究はできない

と指導教官はおっしゃるかもしれませんが、その指導教官が企業研究をしたことがあるのかを調べてみてください。

 

バイオさん
バイオさん
少なくとも僕の感覚では「博士課程卒でないと企業で研究できない」は嘘です。
コロぽち
コロぽち
アカデミアのような研究ができないは確かに真実ではあるけど、企業研究も楽しいぞー。

 

もし指導教官に企業経験がなかったとしたら、他者からの情報で判断している可能性が高い。

その場合は要注意です。

 

あと、あなたの研究室から企業の研究開発職に就職した先輩が必ずいるはずです。

そういった先輩にじっくり話を聞いてもらってから、博士課程に関して悩むでも全く遅くないと思いますよ!

コロぽち
コロぽち
なんだったらこいつに質問してやってくれ。博士課程に進学するかを吐くほど悩んだやつだからな。
バイオさん
バイオさん
単純に研究室のストレスで吐いたのかもしれないけどね…(白目

 

勧められたからという理由で博士課程進学を決めてはならぬ

博士課程進学の扉

いかがでしたか?

指導教官が学生に博士課程を勧める理由は色々あります。

  • その学生の将来のため
  • 研究室運営のため
  • 研究費のため
  • 研究室の実績づくりのため

などなど、理由は1つではありません。

 

指導教官は必ずしもあなたのことを想って博士課程を勧めているわけではない、

という可能性を考慮しておくことは、自分の将来を冷静に考えるために重要です。

 

研究をしたいから博士課程に進むという選択肢は決して間違っていませんが、

企業でも面白い研究はできるので、興味がある方はぜひ企業研究にも目を向けてみてくださいね!

 

それでは本記事は以上になります。

当記事以外にも「研究開発職に就くためのノウハウ・方法論【理系院生の就活】」という記事があなたにおすすめです。

複数の企業から研究開発職の内定をいただいた僕が、理系院生の就活に役立つと思って執筆した記事をまとめたものになります!

読めばあなたの就活に役立つはずですので、以下リンクから是非ともどうぞ!

【理系院生の就活】研究職・研究開発職に就くためのノウハウ・方法論まとめ この記事では「製薬・化学・食品などの大手メーカー」で研究職・研究開発職の内定を獲得したくりぷとバイオ(@cryptobi...
ABOUT ME
くりぷとバイオ
くりぷとバイオ
研究を一生続けていくため、まずお金の不安を解消すべく副業を始めた20代科学者。 旧帝大を修士で卒業後、大手企業で基礎研究職に従事。 研究室時代はストレスで心身を病みながらも日夜実験に取り組み、運良く筆頭著者論文を複数投稿することに成功した苦労人&棚ぼたマン(自称)。 暗号資産の面白さ・可能性に惚れこみCoinMarketCapの銘柄を全部調べた経験あり。