仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

【研究コラム】理系の研究室生活(B4, M1, M2)で求められることとは?

学部生4年から修士2年までの3年間どう研究に取り組むかで、その後の人生が大きく左右されるということはご存知ですか?

僕の先輩、同期、後輩にも「もっと3年間で研究しっかりやっておけばよかった…」と就活時などに嘆く方がたくさんいます

 

でも、いざ研究室に入って研究を始めたはいいものの、

  • どんなことが求められているのかがわからない
  • 周りの同期とテーマが違うからそもそも比較しようがない
  • B4、M1、M2でどのようなことが求められているのか調べても情報が出てこない

という方も多いと思います。

 

そこでこの記事では「B4、M1、M2で求められていること」に関して、修士課程までの3年間で筆頭著者(ファーストオーサー)論文を複数投稿できた研究者の観点からご説明します

 

あくまで僕の過去の経験から思ったことではありますが、サクッと読めるように書きました。

「自分の考え方とは違って面白い!」と思っていただける記事にしたのでまずはご一読を!

 

この記事はこんな方におすすめ
  • 研究室に入ったものの、何をすればいいのかわからないと悩む方
  • B4、M1、M2でどこまでできていれば及第点なのか?という指標が欲しい方
  • 自分が研究室では一番成果を創出している!と誇らしくと思っている方

 

バイオさん
バイオさん
学会などで知り合った優秀な同期達も以下の内容のような考え方でしたので、信憑性は高いと思っています!
コロぽち
コロぽち
(研究の話になると急に元気になるなこいつ…)

 

この記事の3行トピック

 

  • B4はまず自分のテーマに関して、研究室内で最も詳しい人財になるべし
  • M1ではとにかく成果創出(学会発表、論文投稿)にこだわるべし
  • M2では新規テーマ創出を目指すべし

 

 

B4:まずは自分のテーマを理解し、+αにトライ

院試までの前半

B4は研究室に入ってから何をすればいいのかわからないという状態から始まりますので、まずは先生や先輩から与えられたことを全力でこなします

そのこなしていく過程で、

  • 自分のテーマの最先端は今どういうことがホットなのか?
  • 自分のテーマに関連する研究領域ではこれまでにどんなことがされてきたのか?
  • 自分の研究室ではその分野に対してどういうアプローチをとってきたのか?
  • それらを加味して今の自分のテーマでやるべき事は何か?

ということを自分の中でまとめます。

 

ここでオススメなのは、先輩から渡された英語論文を翻訳しながらいきなり読まないこと

まずは自分の研究領域の日本語レビューを読みまくることが重要です。

これをやらないと英語を翻訳しなきゃいけないし、翻訳した後の日本語もどういう意味か調べなくちゃいけないので、二度手間になってしまって全然論文が読み進められないです。

最初は日本語のレビューでその研究領域についてよく理解した上で英語論文にトライしてみてくださいね。

 

バイオさん
バイオさん
何事もまずは基本からですね!

 

院試が終わるまでにこれができていると、院試が終わってから良いスタートが切れます。

 

コロぽち
コロぽち
いきなりドヤ顔で英語論文から読み始めて、全然理解できずに心が折れた経験の持ち主が何か言ってる笑
バイオさん
バイオさん
あああ…それ暴露しちゃう…?
バイオさん
バイオさん
それがあってこその今なんだからいいでしょ。

 

院試後から卒論まで

重要なのはまず院試前にやったことを思い出すことです。

 

バイオさん
バイオさん
院試に全力出しすぎて色々と忘れてしまった経験が僕にもあります…

 

自分だけで思い出そうとすると時間がかかるので、「このテーマの最先端と、自分がやるべきことってこういうことでいいんですよね?」と先輩に聞いてしまうのがおすすめです。

 

コロぽち
コロぽち
先輩もなんだかんだ頼られるのが好きな生き物だからな。どんどん頼ろう!

 

自分の研究テーマの背景が思い出してきたら、いよいよ自分のテーマを本格的に進めます。

 

ここで大事なのはとにかく体を動かすこと!

 

体を動かすというのは、以下のことです。

  • 実験すること
  • 論文を読むこと
  • 先生や先輩方と積極的なコミニケーションをすること

 

そして強調したいのは、できるだけ1人で物事を進めないこと

周りを巻き込むことが研究をうまく進める上では肝要です。

 

バイオさん
バイオさん
社会人でいえば報告・連絡・相談ですね。

 

また、余談ですが僕は卒論までの目標としてM1で必ず学会に出るための成果を出す!ということを掲げていました。

M1が始まってすぐ秋の学会申し込みが来ることも多く、それを達成するにはB4である程度まとまった成果がないといけません。

それゆえ秋の学会参加を目的に、B4の頃はガムシャラに頑張っていました。

 

コロぽち
コロぽち
こいつこんな大層なこと言ってるけど、最初は全然やる気なくて先輩からめっちゃdisられたことあるからな
バイオさん
バイオさん
誰もが最初から全力で研究に取り組めるわけではないんです…!

 

バイオさんはどうやって研究のやる気を出すことができたのか?を知りたい方は以下の記事がおすすめです。

「こんなに頑張っているのになぜ...」自己評価と他者評価のズレ・ギャップを埋める方法とは?「自分はこんなに頑張っているのに、どうして周りは自分のことを認めてくれないのか?」と思ったことはありませんか? 何も言われていない...

 

 

M1:自分のテーマで成果を創出する(学会発表、論文投稿)

M1になったらもう「自分のテーマを理解する」ということは終わりにしましょう。

自分のテーマを理解することから、自分のテーマで成果を創出することが求められるようになります。

 

成果って何?と言われれば、やはり研究者は学会発表か論文投稿でしょう。

前述しましたが、M1秋の学会に出たいのであれば、M1の4月~5月の段階である程度「こういった結果で発表します」というものが固まっていないといけません

 

コロぽち
コロぽち
B4で怠けてしまうと研究室同期がどんどん学会に行くようになって焦るぞ
バイオさん
バイオさん
B4からM1にうまくステップアップするためにも、M1の春には学会参加申請できるよう研究を頑張りましょう!

 

 

学会発表における心構え

学会発表は「自分の研究成果を世の中に知ってもらうこと」が最重要です。

ただし同じくらい個人的に大事だと思うのは「自分と同世代の人間がどれぐらい凄いかを知ること」です。

 

M1にもなると成果を出す人と出せない人が研究室同期の中でも分かれます。

仮にあなたが最も研究室内で成果を出していたとしても「自分が最も成果を出している」と誇ってしまうのは「井の中の蛙」なので注意です。

 

世の中にはもっとすごい同世代の研究者がたくさんいます

だからこそ学会発表では自分の研究発表するだけでなく、ぜひ他の人の発表も積極的に聞いてください

そして自分が凄いと感じた同期とは今のうちに知り合っておきましょう。

 

ちなみに学会に行くと「企業研究者の方とディスカッションしてみたい…」と思う学生がほとんどだと思います。

企業研究者はどういう心構えで学会に参加しているか?ということも過去の記事にしていますので、よろしかったらご覧ください。

企業研究者は「学会」という存在をどう見ているか?素朴な疑問にお答えします!こんにちは、バイオ系企業研究者の@cryptobiotechです。 先日、Peingで以下の質問をいただきましたので記事にします(...

 

コロぽち
コロぽち
この記事の内容は間違っていないが、厳しいな…
バイオさん
バイオさん
研究は実力社会だからね。しっかりその現実を伝えておいてあげないとフェアじゃないと思うんだ。

 

 

学振の申請に向けて論文投稿を意識する

M1秋に学会を経験すると「凄い人ばかりいるなぁ」と知ることができ、良い刺激を得られると思います。

研究で生きていきたいなあと思う人も出てくるのではないでしょうか

そうなってくるとそろそろ「ドクター進学」というものが1つの選択肢として現れてくるかと。

 

就活か、進学か。

 

非常に悩むと思いますが、仮にドクターに進学するのであれば、やはり学振を申請することが非常に重要かと思います。

学振に通れば月に200,000円位いただけるので、少なくとも生活に困ることはなくなり、全力で研究に没頭できる。

そういう意味で学振はM1の段階から目指すべき目標の1つだと思います。

それを目指すにあたって、ファーストオーサーで論文をアクセプトされていることがとても重要視されます
(もちろん必須というわけではありませんが。)

そうなるともうM1秋の学会が終わったあたりで論文投稿の準備をしないとM2の学振申請に間に合いません

 

したがって僕は学会から帰ってきたらすぐに「論文を書かせてほしい」と先生に相談し、

  • どういう論文としてまとめるか
  • どういう図が必要か
  • どこに投稿するか?

などを相談してM1の10月位から本気で論文を書き始めました

初の論文投稿は想像以上に大変で先生方にも多大な迷惑をかけてしまいましたが、なんとかM2の夏にファーストオーサーで論文投稿することができました。

 

コロぽち
コロぽち
成功体験みたいな書き方してるけど、結局学振の申請には間に合ってないんだけどな笑 
バイオさん
バイオさん
良いところに気付いたね…。リバイスが1回で終わっていれば間に合っていたんだよ…

 

M1の段階で論文を執筆する経験は博士課程に進学しても就職しても絶対に役に立つので、ぜひトライしてみてください。

ただ、論文を修士の段階で書かせてもらえるかは研究室によって異なると思うので、必ずしもこれができるわけではないと思っています。

僕の大学同期は「ドクターに行かないと論文が書かせてもらえない」という研究室に在籍していたので、そこはケースバイケースですね。

 

 

M2:新規テーマを提案して採用される

よく「自分のテーマを後輩に引き継いだんです!」と就活時のOB訪問で話してくれる学生さんがいますが、自分の研究テーマを後輩に引き継ぐのは誰だってできることです。

というよりも、誰だって卒業する前にやらなきゃいけない当たり前のことなんですよね。

 

研究室の顔とも言えるM2になった際には、ぜひ与えられたテーマだけではなくて新規テーマを提案して採用されるということを目標にしてみてください

 

社会に出たら新しいことを提案する力は必須です。

なぜなら誰かから与えられたテーマをただやるだけであれば、今はAIだったり、そのAIを活用したロボット等がやってしまうからです。

AIに負けないためにも、自分で新しいものを創造するという経験を社会に出るまでにぜひしていただきたいなと思います。

 

ちなみに新規テーマを提案するコツは以下のような感じです。
(また別記事で詳細に記事にしようかと)

 

  • まず自分が今やっている研究テーマの延長線という位置づけは崩さない
    (完全新規テーマは先生が許可しません)
  • 今の世の中の課題は何か?という視点を身に付ける
  • 「そのテーマに取り組めば何を明らかにできるか?」をしっかりと自分の頭の中で理解する
  • 何度も上位者とやりたいテーマに関して議論し、足りていない部分を徐々に追加していく

 

上記の課題というのは、例えば地球温暖化とかマイクロプラスチックゴミ問題とかの社会的課題でも結構ですし、自分がやっているテーマの最先端領域に関しての課題でもOKです。

後者なら論文を片っ端から読んで、

「今ここまでできているけど、何ができていないのか?」

「3~5年度や5~10年後にこれができていればブレイクスルーになることは何か?」

ということを考えます。

 

ちなみに僕が所属していた研究室では半年に1回「テーマ提案会」というものがあって、博士課程も修士課程もB4も、全員が新しいテーマを提案する機会を設けられていました。

基本的には先生方からフルボッコなんですけど、先生たちから今の世の中のトレンドをつかむ力はものすごく学べるし、その力はいま企業研究者としても役立っています。

こういったイベントがない研究室でも、同じようなことを自主的にやってみるのがおすすめです。

ぜひM2の間に新規テーマを創出し、新しい研究室テーマにできるように挑戦してみましょう!

 

 

まとめ

記事の要約

研究室生活でB4、M1、M2はこう過ごすべし。

  • B4:まずは自分のテーマを理解し、学会発表に必要な成果創出(+α)にトライ。
  • M1:学会発表で多くの研究者と話そう。英語論文も視野に入れよう。
  • M2:研究室の次世代を担う新規テーマを提案して「新しい価値を創造する力」を磨こう。

研究室生活は色々なことが起こりますが、振り返ってみるとかけがえのない時間でした。

そう思えたのも、辛いことを我慢してやりきったからだと思っています。

皆さんもぜひ素晴らしい研究室生活を送って、良き研究者になってくださいね。

それでは、また!

 

 

こちらの記事も読まれています

就職か?進学か?を本気で悩むあなたにはこちらの記事がおすすめです。

就職か、進学か。本気で研究をしたいなら大企業の研究職をお勧めします。 https://twitter.com/ResearchKasou/status/976419362205679616 ...

 

 

<Peing>

<モナバコ>