仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

就活全滅で「人生終わり」と勘違いしてしまう学生が知るべきこと5選

○就活全滅…。自分は社会不適合者なの?
○これからどうすればいいのかわからない…。
○持ち駒がなくても今からなんとかなる?

 

本記事では上記の疑問や悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • 就活全滅=人生終了と勘違いしがちな学生が知るべきこと5選
  • サラリーマン(社会の歯車)になるのが君の夢か?

 

企業で「社会の歯車」として活躍中のくりぷとバイオ @cryptobiotech です。

これまでに就活全滅して「もう人生終わりだ…!」と大げさに嘆く人たちを何人も何人も見てきました。

でもそう嘆いていた人たちの中で、実際に人生が終わってしまった人は皆無

 

0%

 

大事なことなのでもう一度言います。

 

0%

 

ということで、就活全滅=人生終了ではないです。

ではでは。

 

コロぽち
コロぽち
おぃぃぃぃ!?まだ記事が始まってすらないだろーが!?
バイオさん
バイオさん
え?そうなの?(目が死んでる)
コロぽち
コロぽち
あ、コイツ今日ダメっすわ。

 

この記事は4~5分で読めます。
読み終わった後は「なーんだ就活全滅してもなんとかなるやん」という考えがあなたに芽生えているはずです。

 

まず自分の精神を回復させよ。話はそれからだ

ザオリクをかける天使

就活で全滅してしまうと「どうしよう…とりあえず何かしないと…!」と焦りますよね。

しかし自分の精神を回復させる前にやみくもに動いてもさらなる悲劇を生むだけ。

大きな精神的ダメージを受けた時には、回復にそれなりの時間がかかります!

 

焦って動く前に、先輩や同期に3日間くらい愚痴を聞いてもらったり、思いっきりヤケ酒したりしましょう。

ここで大事なのは「就活を忘れるくらい全力でやる」ということ。

そして1人では決してやらないこと

よく就活で全滅してしまった人たちが「今はそんな気分じゃない…」とか「食欲が湧かないんだ」とか言ったりしますが、そんな状態で1人でやってもメリット0。

自分を前に進められる精神状態になるはずがない。

 

MAX底辺まで落ち込んでいる自分を慰められるのは他人だけです。

そういう時は他人を頼って全力で「自分が楽しいと思っていること」を手伝ってもらいましょう。

要は「人生が終わったらこんな楽しいこともできなくなるのか…」と自分で気づくことができればOKです。

もしその精神状態まで持っていけなければ、就活を急いで再開しても「また落ちたらどうしよう病」から逃げられません。

結果的に時間が無駄になります

 

実際に、全滅から立ち直ってなんとか自分の希望に沿う企業へ内定が決まった知り合いは、息抜きした人たちばかりでした。

まずやるべきことは「自分の精神を回復させること」です。

就活全滅=社会不適合者の根拠なんて無い

社会不適業者のレッテルに悩む就活生

不幸にも就活で全滅してしまった学生はこう思っていることが多いです。

◯就活に失敗した自分はきっと社会不適合なんだ…
◯多分周りからもそう思われているんだ…

ですが安心してください。

どう考えても就活全滅=社会不適合ではないです。

なぜなら今のあなたの思考は、言い換えれば「サラリーマン=社会適合」だから。

「就職できなかった…社会不適合だ」ということはそういうことですよね。

ですがサラリーマンは日本で見ると87%くらいで、全員が全員サラリーマンではないです。

 

サラリーマン割合が87%の日本?起業・自営業も含めて割合を比較!

引用元:https://studytokyo3.com/saralyman87-startup/

 

10人に1人は自営業。

サラリーマンではない=社会不適合にしてしまうと、日本国民の1,000万人くらいはそうなる計算ですね。

それはさすがに修羅の国ですね。

 

そして周りからそう思われているんだ…というのも気にする必要ありませんよ。

周りはあなたにそこまで興味ないです。

確かに学生であれば「あいつ就活ダメだったらしいぞ」みたいな話が広がるのは早いかもしれません。

しかし、言ってしまえばそれだけです。

その話が周りに広がったとしても、あなたにデメリットは特になし。

どうせ1ヶ月もすれば皆あなたが無い内定だったことなどすっかり忘れてしまいます。

だから周りの目を気にしてショックを受けるのは今すぐにやめましょう。

コロぽち
コロぽち
時間の無駄だぞ。
バイオさん
バイオさん
周りの人間が内定をくれるなら意見を聞いてもいいけど、そんなことは無いからねえ。

持ち駒が無くなったら企業を再調査!それか支援課へGO

企業を再調査する学生

自分の精神が回復したら早速「今からでも行ける企業」を再調査しましょう!

その際、自分で就活サイトから探すだけでなく学生支援課へ相談に行きましょう。

基本的にどこの大学でも支援課はあって、就活に関する相談にのってくれます。

歴史が長い、学生の数が多い、という特徴を有する大学ほどしっかりしているはず。

大学独自の推薦枠が意外に残ってたりするので、就活全滅が決まった瞬間に支援課へ駆け込むのがベスト。

大学としても学生の内定獲得率は気にするので、親身に相談に乗ってくれるはずですよ。

実際に僕の知り合いも支援課に相談しに行って、そこからいくつか企業を紹介してもらって内定獲得していたので、選択肢の1つとして考えておきましょう!

学部生なら修士へ、修士なら博士へ (理系限定)

学部生から修士へ、修士から博士へ進む学生

理系限定ではありますが、就活全滅してしまっても進学という強力な選択肢があります。

理系学部生は迷わず院に進学せよ

理系学部生で就活全滅してしまった場合、迷わず大学院に進学しましょう。

なぜなら大学院に進学すれば研究開発職に就ける可能性が出てくるから

そしてハイスペックな文系学生の方々とガチンコバトルする必要が無くなります。

 

コロぽち
コロぽち
でも仮に修士卒で文系就職したいって思ったら不利になるんだろ?
バイオさん
バイオさん
え、そんなことないよ。むしろ武器が1つ増えるから対等以上に戦えるようになるよ。

 

実は僕も学部生で無謀にも就活していたクチでして、そして全滅したにが〜い思い出があります。

でもそのまま大学院に進学して全力で研究に没頭した結果、大手企業の研究開発職という狭き門を突破することができました。

理系学部生で就活全滅したからといって、院生での就活も全滅なんてことは絶対ありません。

理系学部生は就活全滅しても気にする必要なし!

その悔しさをバネにして大学院で研究に没頭しましょう!

 

院生は就活浪人よりも博士課程に進学せよ

就活全滅した院生は、就活浪人するよりも博士課程に進学した方が絶対に良い。

なぜなら就活浪人した場合、次回の就活時にかならず「この1年間は何をされていたのですか?」と聞かれるからです。

その質問を投げかけている時点で、人事は興味だけでなく若干の不信感も抱いているはず。

不信感を抱いている相手から信頼を獲得するのはけっこう難しいんですよね。

 

よほど充実して成長した1年間にする自信があるなら就活浪人でも問題ありません。

しかし充実した1年間を過ごす自信が無い…と1ミリでも思ったなら博士課程進学が無難ですよ。

バイオさん
バイオさん
なんだかんだPh.Dは持っていると得です。
コロぽち
コロぽち
理系の場合は学部生と修士、2回失敗できると思っておくと気が楽だぞ。

お金を稼ぐ手段などこの世界にごまんとある

お金がどんどん溜まっていく絵

就活全滅してショックを受けているあなた、ぶっちゃけ時間の無駄なのでブログやyoutuberなどを始めて収入を得ましょう。

今は別にわざわざサラリーマンにならなくとも、月収100万円を超えるフリーランスはザラにいますので。

 

理系学生は普段から研究室で失敗をして立ち直るという経験をしていますよね。

であればコツコツと継続できる力を持っている人が多いはずで、そういう人はブログやYouTuberなど継続的作業に向いています。

もちろん月収100万円以上に至るまでは非常に険しき道でしょう。

ただ、サラリーマンと比べて周りの目を気にする必要は特にないのでストレスフリーであることは間違いないです。

 

コロぽち
コロぽち
えー、でもホワイト企業の方が将来安定じゃん
バイオさん
バイオさん
その発想は本気でヤバいからもう捨てた方が良いよ…

 

個人的にホワイト企業は今後ブラック企業化していくと思っています。

ホワイト企業が今後どうなっていくか?を知りたいあなたには下記の記事がおすすめです。
ホワイト企業に勤務する自分がぶっちゃけ話を書いています。
ホワイト企業の真実に触れてみたい方はどうぞ。

>>ホワイト企業に入れば幸せな人生が送れるのか?【ブラック企業化の恐れあり】

ホワイト企業に入れば幸せな人生が送れるのか?【ブラック企業化の恐れあり】 本記事では上記の疑問に答えます。 本記事の内容 短・中期的に見たら確かに魅力的 ホワイ...

 

サラリーマンよりもフリーランスの方が良くない?と若者の間で囁かれるのもわかりますね。

 

結局のところ、あなたが「人生終わりだ…」と思ってしまうのはお金がないからです。

十分なお金を稼いでいれば就活で失敗しようが「なんとかなるさ」という思考になります。

サラリーマンになる前に別の収益源を稼ぐことができれば最強なので、就活だけでなく副業にも力を入れてみましょう!

サラリーマン(社会の歯車)になるのが君の夢か?

サラリーマンになるのが君の夢なのか?

就活全滅してショックを受けているあなたは、一度「なぜ自分がショックを受けているのか?」を可視化しましょう。

・周りが内定獲得しているのに自分だけがなぜ…
・周りから絶対「社会不適合者だ」と思われている…
・これからの収入源が無くて不安…

もし上記のようなことに当てはまるなら、ショックを受ける必要はないです。

 

サラリーマンである僕自身が保証しますが、サラリーマンになんてならなくても絶対に生活していけます。

それも「貧しい生活」ではなく「世間一般よりも裕福な生活」ができるようになります。

 

むしろ就活全滅は「サラリーマンにならなければならない」という固定概念を捨てるチャンスです。

これからはサラリーマンでも副業するのが当たり前になる時代なので、今すぐにでも副業を始めましょう。

 

学生は社会人よりも時間が有り余っているので、副業でも成果が出しやすい!

学生のうちに副業でサラリーマンの月収以上稼げるようになって、悠々と企業に就職しましょうね。

 

それでは当記事は以上になります。

僕と同じようにブログを始めてみたい!という理系学生のあなたには以下の記事もおすすめです。

>>「科学者/研究者はブログに向いている」と考える4つの理由

「科学者/研究者はブログに向いている」と考える4つの理由 本記事では上記の疑問に答えます。 ✔ 本記事の内容 科学者/研究者がブ...

 

理系学生や科学者がブログが向いている理由を解説しています。

副業を探している理系学生、科学者のあなたに参考になる記事だと思いますので是非ともどうぞ!