あなたに役立つ理系就活情報はこちら

「研究って面白い!」と企業研究職が面白さを実感する瞬間5選

企業研究職はどんな時に研究を“面白い”と感じるのですか?

あとアカデミア研究と比較した際の“面白さの違い”も知りたいです。

 

当記事では上記のご要望にお答えいたします。

 

本記事の内容

  • 「研究って面白い!」と企業研究職が実感する瞬間5選

 

大学を修士課程で卒業後、企業で日々研究に取り組んでいるくりぷとバイオ(@cryptobiotech)と申します。

企業研究職として3年以上キャリアを積み、「企業研究って楽しい…!」と日々小鹿のようにガタガタ震えています。

 

当記事ではアカデミアの頃と比べて、どんな時に「研究が面白い!楽しい!」と感じるのかをまとめてみようと思います。

院生の頃は「辛い>>(越えられない壁)>>楽しい」でした笑

 

それゆえもしあなたが「企業研究職ってどうなの?」と思っているのであれば、当記事は優良な判断材料になるはずです。

数分で読めますし、是非ともどうぞ!

 

 

「研究って面白い!」と企業研究職が実感する瞬間5選

研究者が新しいアイデアを閃いているところ

僕が企業研究職として日々活動する中で「研究って面白い!」と実感する瞬間は以下の通りです。

ご覧になりたい項目をクリックすると、読みたい情報にすぐ飛べます!

 

 

順々に説明してきますね。

 

仮説通りの研究結果がバッチリ出た瞬間

研究をイメージさせる化合物の分子構造

これはアカデミアでも同様だと思いますが、やはり自分の仮説通りの結果が出せた際は「研究って面白い!」と感じますね。

なお再現性が取れなくて膝から崩れ落ちることもあります笑

 

特に企業だと仮説通りの結果が出て「価値がある」と認められたら、自分のテーマを担当してくれる人員が増えることもあります。

人員が増えると「これやりたい…でも人手が…」という問題が解決できますし、自身がテーマリーダーやプロジェクトリーダーになることも。

 

コロぽち
コロぽち
ちなみに企業だと当初の予想と違う研究成果が出たらどうなるんだ?面白そうでも優先順位的に無視されるのか?
バイオさん
バイオさん
予想外の結果が会社の利益になるなら、すぐにでも詳細検討がスタートしたりするよ!

 

予想外の結果が出た&企業利益に繋がりそうな場合、それがいかに価値あるか周りを説得する能力も研究者としての腕の見せ所。

その予想外の結果を価値あるものと納得してもらうことができれば、進行テーマに組み込むことも可能です。

そういった予想外が起こるのも研究の面白い点だと思います。

 

自分の研究から見出されたモノが開発ステージに上がった瞬間

自分の研究成果が開発にステージアップするところ

企業研究職の醍醐味(≒面白さ)はやはり、自分の研究成果 or モノを開発ステージに上げることです。

自分が1人でコツコツやってきた研究が日の目を浴びて開発に上がり、会社全体で注目されるテーマになる瞬間はたまりません。

 

あと開発に上がると、社内人脈が広がる点もGOOD。

色々なバックグラウンドを持った方と繋がれるようになります。

 

バイオさん
バイオさん
院生の頃は自分のテーマから共同研究を依頼された経験がなかったので、周りから期待されるのは嬉しい…。
コロぽち
コロぽち
「誰かに必要とされるテーマができる」ってやっぱり良いよな。

 

修士までの学生に多いかもしれませんが「まだ“誰かに必要とされるテーマ”に巡り合ってないかも…」と思ったあなた。

企業研究職は人生の選択肢として一興です。

 

スポンサードリンク

自分の研究仮説を“非研究職“の人に「面白い!今すぐやれ!」と言ってもらった瞬間

「Just Do It」の文字版

自分の研究仮説を“非研究職“の人に「面白い!」とか「すぐにやれ!」と言ってもらえる瞬間はたまらないです。

 

コロぽち
コロぽち
非研究職って営業職とか生産職とかってことか?
バイオさん
バイオさん
それもあるけど、もっと上の経営陣も該当するね!

 

企業では、研究費の配分決定権限を持つ人が“非研究職”であることも少なくありません。

そういった方に最先端研究を理解してもらうために、相手のクセを情報として仕入れて発表資料をつくり込むことも…。

僕は色々な人に「○○さんの好むスライドは?」とか聞いたりします笑

 

全ては「これは当社でやる価値がある」と、自分の研究に投資してもらうため。

「そのためなら泥水でもすすってやるぜ!」くらいの勢いで僕は新規テーマ提案します笑

 

コロぽち
コロぽち
まあ研究って、いかに研究を知らない人たちにその価値を理解してもらうかに尽きるからな。
バイオさん
バイオさん
自分の研究を理解してくれる人が増えると「自分の研究って面白い!」と自信にもなりますよね。

 

人々のニーズを徹底的に考え尽くして「これは研究でしか解決できない」と悟る瞬間

人々のニーズを考え抜いた極地にたどり着いた場所

人々のニーズを想像して、解決策を考えて、「これは研究じゃないと絶対解決できない」と悟った瞬間は研究最高!と感じます。

 

コロぽち
コロぽち
え…どういうこと?
バイオさん
バイオさん
営業や開発の方が「研究でしか解決できない!」と頼ってきてくれる瞬間…と言い換えることもできるかな。

 

研究職の僕が言うのもなんですが、この世界に存在する課題って割と“研究”しなくても解決できるんですよね。

既存の技術・モノ・概念を組み合わせる“開発”でも十分に解決できる。

 

でも既存の技術を組み合わせるだけでは絶対に解決できない課題もあります。

わかりやすい例はやはり“新薬“でしょうか。

 

営業や開発の方々と徹底的に議論して「これは研究の出番だ!頼んだぞ!」となる瞬間は「研究者としての存在価値」を実感します。

 

コロぽち
コロぽち
まあそれだけ議論して研究して良い成果を出しても、世の中のニーズと合致してなかったという場合も多いけどな笑
バイオさん
バイオさん
まあそれはしょうがないでしょ…。全部の研究テーマが当たったらその企業は最強すぎる。

「この製品のおかげで救われたよ」とお客様から言ってもらえた瞬間(自分はまだ未経験)

「ありがとう」の意を示す画像

お客様から「この製品に救われた。ありがとう。」と言ってもらえた時は、研究者をやってきた意味を悟る…とのこと。(先輩談)

自身の成果を新規製品まで繋げた先輩方の話を聞くと、どの先輩も「その一言のために今まで研究をやっていた」と言いますね。

 

まだ僕は自分の成果を市場に出せていませんが、我々研究者は「いつか自分の成果が人の役に立つ」と信じて日々頑張っている生き物。

「研究をしていて最も面白い瞬間は?」の問いは「人の役に立った時」が最善解なのかなと個人的には考えます。

面白いを通り越して「幸せ」と言っていいかもしれません。

 

もしあなたが「何のために研究しているかわからない」なら、企業研究職に来るとその理由が見つかるかもしれませんよ。

「顧客視点」に特化した研究をするのが企業なので、間違いなく研究目的を見出せると考えます。

 

スポンサードリンク

研究の面白さがわからないなら企業においでやす

アカデミアから企業研究に移ろうとしている人

とりとめのない個人感想ですが、企業研究で「面白い(それを超えて“幸せ“)」と思う瞬間を回答してみました。

割とアカデミア研究での「面白さ」と似ている部分もあるかもしれませんが、企業研究としての視点もあったはず…。

 

この記事をご覧になって「う~んそんなに興味惹かれないな」と思う人もいれば、「やっぱり企業だわ!」と思う方もいるでしょう。

もしあなたが「企業研究良いやん!」と思ってくれたのであれば、それはぜひ企業研究職の道を目指してほしいですね。

 

僕は研究職に就いてからさらに研究が好きになったので、元々研究が好きな人は更に好きになる可能性あり!( ゚Д゚)

「研究者としての進路どうしようかな…」と悩んでいる方の一助になれば幸いです。

 

というわけで当記事は以上です。

ちなみに、大企業研究職のメリットデメリットを知りたい方は以下の記事もお役に立つはず。

ぜひご一読ください。

 

 

人気記事 【理系院生の就活】研究職・研究開発職に就くためのノウハウ・方法論まとめ

人気記事 価値ある研究者になるために読みたい研究系記事まとめ【どんな場所・時代でも求められる研究者になろう】

ABOUT ME
くりぷとバイオ
くりぷとバイオ
研究を一生続けていくため、まずお金の不安を解消すべく副業を始めた20代科学者。 旧帝大を修士で卒業後、大手企業で基礎研究職に従事。 研究室時代はストレスで心身を病みながらも日夜実験に取り組み、運良く筆頭著者論文を複数投稿することに成功した苦労人&棚ぼたマン(自称)。 暗号資産の面白さ・可能性に惚れこみCoinMarketCapの銘柄を全部調べた経験あり。