あなたに役立つ理系就活情報はこちら
               

アカデミアと企業研究の違い5選【それぞれ3年以上経験した自分が徹底解説】

企業研究職に興味があるのですが、アカデミアとどう違うのでしょうか?

実際に企業研究職の方から意見を伺いたいです。

 

当記事では上記のご要望にお応えします。

 

本記事の内容

  • アカデミアと企業研究の違い5選

 

大学を修士課程で卒業後、企業で日々研究に取り組んでいるくりぷとバイオ(@cryptobiotech)と申します。

学部生から修士まで3年、そして企業研究職として3年以上のキャリアを積んできました。

 

当記事ではそんな自分が「アカデミアと企業の違い」を赤裸々に解説しますね。

 

「なるほど、そういう点を“違い“として感じているんだな」

 

と、他の記事には無い違った視点の具体例もあるので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

当記事は数分で読めますし、読んでいただければ企業研究職を詳細にイメージする一助になりますよ。

 

アカデミアと企業研究の違い5選

科学に精通している人

僕が考えるアカデミアと企業研究の違いは以下の通りです。

ご覧になりたい項目をクリックすると、読みたい情報にすぐ飛べます!

 

 

1つずつ説明していきますね。

 

目的意識の違い

目的の的に弓矢が刺さっているところ

アカデミアと企業研究で最も違うのは「目的意識」です。

特に「論文」に対する意識が全く違います。

 

院生として研究していた頃は、ボスから「研究がある程度まとまったら必ず論文化しろ」と常に言われ続けてきました。

休日返上で論文を執筆した素晴らしい記憶がよみがえります(闇深発言)。

 

が、企業に入ってからそれがパッタリと無くなりましたね。

 

コロぽち
コロぽち
よく言われることだけど、企業は「製品」を出せれば「論文」出さなくても別に良いんだよな。
バイオさん
バイオさん
業務上「論文を出すべき研究」もありますが、基本的に論文執筆は“自主的に”やるものですね。

 

あ、企業では研究(≒論文)が主役ではないんだな

と心の底から自覚するのに、恥ずかしながら企業に入ってから1年くらいかかってしまいました。

 

企業は「製品」が主役…!

 

完全私見ですが「研究のために研究する」アカデミアとは全く違う環境だと、入社3年以上経った今は強く感じます。

 

 

>>「アカデミアと企業研究の違い一覧」に戻る

 

研究予算の違い

研究室ごとに違う予算のイメージ図

これは僕の出身ラボがそこまでお金持ちじゃなかったからかもしれませんが、研究予算はやはり企業が圧倒的だなと感じます。

もちろん世界トップクラスの超ビッグラボだと研究費も莫大ですが、それに劣らない研究費が投資されていると感じます。

 

僕が企業研究職について驚いたことは、一例ですが以下の通り。

(バイオの例なのでイメージしにくい方は申し訳ありません…)

 

  • ピペット用チップ詰めを自分でやらない(段積みのやつ買う)
  • 細胞培養用培地(DMEM)、PBSなどは既製品(院生の頃は自分でつくってた)
  • 効果があるかわからない高価な試薬も普通に買える(数mgで10万円!?)
  • 電動マルチピペッター完備(手が腱鞘炎にならない…)
  • 実験用機器が最先端&充実しすぎ(アッセイがほぼ全自動!!)

 

ああ…院生時代もこれだけお金あったら、もっと少ない労力で結果出てたんだろうな

と思うくらい企業での研究費は膨大。

 

僕の院生時代の苦労はほとんどが“お金”で解決可能だった」と自覚して一時的に落胆するレベルです(泣)

 

バイオさん
バイオさん
だから僕は「お金があるビッグラボに行け!」と学生に主張しているわけです…。
コロぽち
コロぽち
ビッグラボだと競争も激しいけど、研究者として研鑚するならやっぱり良い環境だよな。

 

 

>>「アカデミアと企業研究の違い一覧」に戻る

 

研究スピードの違い

スピードを出しているところ

企業での研究スピードは、アカデミアの研究スピードとレベルが違います。

正直、アカデミアと比べて進むスピードが速すぎる。

 

バイオさん
バイオさん
実際に僕が3年かけてやった院生の研究を今の企業でやるなら、3か月~半年で全データ取り終える自信があります。
コロぽち
コロぽち
お前がせっせと合成してた化合物、企業なら普通に買って評価するもんな。

 

あと企業では1つのテーマを複数人で担当することがあります。

細胞を扱える人、全合成ができる人、タンパク質の構造解析ができる人。

こういった多様性あふれる研究員が同時に1つのテーマをやることもしばしばで、それゆえテーマの進行速度は圧倒的です。

 

アカデミアだと「全部1人で覚えて実験する」みたいなケースもありますが、企業ではめったにないですね。

「どんどん成果を出したい!」という人にとって、企業研究職は最高の環境だと思います。

 

 

>>「アカデミアと企業研究の違い一覧」に戻る

 

スポンサードリンク

経済的安定性の違い

金銭的安定性を持っている家族

院生の頃は無償で研究をしてたので、企業に入ってからの経済的安定性は凄まじいです。

僕が田舎&貧乏な家庭出身だからかもしれませんが、両親2人の年収合計を入社1年目で超えたのは割と衝撃でした。

 

バイオさん
バイオさん
もちろん同世代で僕よりも給料高い人はたくさんいますが、僕は現時点でもそれなりに満足してます。
コロぽち
コロぽち
まあ確かに両親2人の年収を1人で超えるって凄いことよな…。

 

もちろん博士課程も学振があるので月20万円程度もらいながら研究に励むことができます。

が、少なくとも大手の研究職だと“修士卒でも”その金額以上もらいながら日々研究できます…。

博士課程の学生はもっと経済的に優遇されるべきだと思います。本気で。

 

少なくとも大手企業に入ることができれば、1年目で学振給与よりも2~3倍の給料がもらえます。

それゆえ、経済的安定性は間違いなく企業の方が良いと(僕は)感じます。

 

>>「アカデミアと企業研究の違い一覧」に戻る

 

研究者の年齢層の違い

年齢層の高い二人が並んでいるところ

企業研究職に就いて驚いたのは、一緒に研究をする人の年齢!

40~50代の方と一緒のテーマをやったりすることがあります。

 

バイオさん
バイオさん
院生の頃はどれだけ年上でも一緒に研究するのはポスドク(20代後半~30代)だったので、驚きでしたね。
コロぽち
コロぽち
親と子どもが一緒に1つの研究をするくらい年齢差が離れていることも!

 

実験中に他愛ない会話をしていると「私の息子が今度31歳になるんだよ」とか言われることが。

僕は20代なので、その方のご子息よりも年下という事実…!

 

そういった多様な年齢層に囲まれながら研究をするのが企業研究の特徴なのかなと。

40~50代の方がこれまでに積み上げていた経験を伝承してもらうことも可能なので、正直かなり勉強になります。

 

あとその方を通じて、アカデミア界のビッグボスを紹介してもらうこともできますね。

「ああ、彼は僕の大学時代の後輩なんだよ。今度一緒に飲みに行く?」

みたいなドッキリイベントもあったりして、ビッグボスと一気に差を縮められることもありますよ。

 

>>「アカデミアと企業研究の違い一覧」に戻る

 

スポンサードリンク

(個人的には)企業研究の方がアカデミアよりも良い

企業で研究してキャリアアップしていける人

というわけでアカデミアと企業研究の違いについて簡単にまとめてみました。

 

アカデミアと企業研究はどちらが良いのか?

 

これに関しては正解がないですけど、僕個人としては企業研究を推しますね。

もちろんいま企業側の人間なので、ひいき目が入っているのは重々承知です笑

 

でも企業の方が成果が早く出るし、多様な経験を積めるし、経済的安定性も得られるし、精神的に安定します。

余談ですが、入社前に抱えていた「やりたい研究ができない…?」みたいな不安も杞憂でした。

 

僕個人としては、アカデミアを志望する人も一度は企業研究の経験を積むのが良いのかなと感じます。

経験してみて初めてわかることも多くあるので。

 

2019/08/10追記

しそごはん用研究者さん(@ONODA_in_Onodac)が弊記事を見て「アカデミア側からのご意見」を記事にしてくださいました!

アカデミアでご活躍される方からのご意見ですので、アカデミア志望の方にはとても参考になること間違いなしです…!

実際に僕が拝読しても「そうなのか…!」と目から鱗が落ちまくりですので是非ご一読を!

 

コロぽち
コロぽち
いかにお前がアカデミアについて知らないか、無知さが露呈してるぞ。
バイオさん
バイオさん
反論の余地なし…!!!

 

というわけで当記事は以上です。

今後もニーズがあれば“企業研究のリアル”を記事にしていきますね。

「こんな内容が知りたい!」ということがあればいつでもご意見ください。

 

ちなみに、大企業研究職のメリットデメリットを知りたい方は以下の記事もお役に立つはず。

ぜひご一読ください。

 

人気記事 【理系院生の就活】研究職・研究開発職に就くためのノウハウ・方法論まとめ

人気記事 価値ある研究者になるために読みたい研究系記事まとめ【どんな場所・時代でも求められる研究者になろう】

ABOUT ME
くりぷとバイオ
くりぷとバイオ
研究を一生続けていくため、まずお金の不安を解消すべく副業を始めた20代科学者。 旧帝大を修士で卒業後、大手企業で基礎研究職に従事。 研究室時代はストレスで心身を病みながらも日夜実験に取り組み、運良く筆頭著者論文を複数投稿することに成功した苦労人&棚ぼたマン(自称)。 暗号資産の面白さ・可能性に惚れこみCoinMarketCapの銘柄を全部調べた経験あり。