あなたに役立つ理系就活情報はこちら
               

Trust Wallet | Binanceが買収した暗号資産ウォレットとは?【使い方や取扱トークンなども解説】

最近、仮想通貨に全く触ってないから全然情報が追えていない。

ウォレットもTREZOR, Ledger Nano Sくらいしか知らないなあ。

今ってもっと最新なやつあるの?便利なやつがあったら教えて。

 

当記事では上記のご要望にお応えして、仮想通貨(暗号資産)ウォレット「Trust walletに関してご紹介します。

仮想通貨取引量で世界トップクラスのBinanceが買収し、一躍有名になったこのTrust wallet。

なぜBinanceが買収に踏み切ったのか?

どんな特徴を有するウォレットなのか?

 

といったことが気になりましたのでそれらを調べるとともに、実際にTrust walletを使ってみた感想をくりぷとバイオ(@cryptobiotech)がまとめます。

結論から言うと非常に多機能かつ使いやすいウォレットで、仮想通貨をやる人は持っていて損はないかなと。

 

あとiPhone用、Android用両方でアプリが用意されていますので、どのユーザーでも使えます。

当記事を読んでTrust walletを知っていただいて、より快適なくりぷとライフをお送りください!

 

Trust Wallet(トラストウォレット)とは何か?特徴は?

Trust walletのホーム画面

Trust wallet(トラストウォレット)とは、仮想通貨を保管するためのスマホ用アプリです。

iOS用、Android用の両方がリリースされており、手軽にブロックチェーンにアクセスできます。

 

▼以下からダウンロードできます▼

Trust. Crypto & Bitcoin Wallet

Trust. Crypto & Bitcoin Wallet

posted withアプリーチ

 

公式ホームページでは安全性、ユニバーサル、複数通貨サポート、匿名性、多機能、Dapps・Web3ブラウザが特徴として語られています。

 

それらに加え、個人的にご紹介したい特徴としては以下の通りです。

 

  • 各種Ethereum(ETH)トークンに対応
  • 様々なDappsを活用できる
  • MetaMaskからの情報インポートが可能
  • 仮想通貨取引所Binanceに買収されたwallet

 

順々に説明していきますね。

 

各種Ethereum(ETH)トークンに対応

イーサリアムに対応したトークン

Ethereumブロックチェーン上で動作するERCトークンを、Trust walletで扱えます。

 

Ethereumを活用したトークンにはERC20, ERC223, ERC721といった規格があり、これらを全て保管可能です。

ERC:Ethereum Request For Commentsの略。

Ethereumブロックチェーン上で動作するアプリの仕様を標準化させるための文章を指す。

ERC20EIP(Ethereum Improvement Proposals)の20番目に採択された技術仕様を意味する。

 

ERC20 Tokens list」によると、ERC20だけでも1,000種類以上のトークンがあります。

ちなみにBinanceの取引所トークンであるBNBもERC20トークンですね。

それらを全部扱えるとなると、いかに多くのトークンを保管できるかがご理解いただけるかと!

 

僕が知っている限りでは、ERCトークンをまとめて保管できるウォレットは「MyEtherWallet」だけです。

ただスマホ用アプリは無く、今回のTrust Walletはスマホ版MyEtherWalletと考えるとわかりやすいですね。

 

なお秘密鍵さえ入力すれば、MyEtherWalletのEthereumアドレスも管理できるようになります。

Trust walletでEthereumアドレスを一元管理できるのは、ウォレット管理の手間を削減してくれるので良いですね!

 

様々なDappsを活用できる

Trustwalletで様々なDappsを使っているところ

Trust walletの凄いところは、ERCトークンのウォレットでありながらDappsが使えること!

Dapps:Decentralized Applications(分散型アプリケーション)

ブロックチェーン上で構築された非中央集権的アプリケーションのこと。

理論上は「管理者不在でシステムが動き、かつ入力された情報は改ざん不可能」という性質を持つ。

 

etheremon」や「ETH.TOWN」、そして「CryptoKitties」といったDappsゲームは非常に有名ですよね。

そして最近流行りの分散型取引所(DEX)もDappsですので、これも扱えてしまうのは素晴らしい!

 

Trust walletで活用できるDappsは日々増えておりますので、今後さらに便利なwalletになっていくでしょう。

あなたもTrust walletを活用すれば、これまでよりも手軽にDappsに触れられるようになります。

 

バイオさん
バイオさん
なおDappsに関しては下記の外部サイトが詳しいので、良かったらご一読ください!

 

 

MetaMaskからの情報インポートが可能

MetaMaskから情報をインポートしているところ

Trust walletは仮想通貨のブラウザウォレット「Metamask」の情報をインポートすることができます。

前項のようにDappsブラウザ機能を持っているウォレットは他にもありましたが、Metamaskなどの既存ウォレットをインポートすることはできませんでした

 

一方でTrust walletはインポート可能ですので、これまでPCなどで遊んでいたDappsゲームの情報をそのまま引き継ぐことができます。

 

コロぽち
コロぽち
せっかくプレイしていたDappsゲームの引継ぎができないと、ウォレットを変えるモチベーション湧かないもんな。
バイオさん
バイオさん
これまでのサービスを統合してくれるTrust walletはユーザー視点で良いよね。

 

仮想通貨取引所Binanceに買収されたwallet

Trustwalletが仮想通貨Binanceに買収されたところ

2018年8月、世界最大手の仮想通貨取引所BinanceがTrust walletを買収しました。(以下リンク先はソース)

 

 

このプレスリリースによると、Binanceが手掛けた最初の公開買収とのこと。

またこの買収を祝して、Decentraland(ディセントラランド, MANAトークン)というDappsの取引コンペティションも実施されています。

Decentraland(ディセントラランド, MANA)

ユーザーが3Dコンテンツやアプリケーションを作成、体験、収益化できる、ブロックチェーンベースの仮想世界。

 

Binanceは分散型取引所DEXなどのDapps開発を鋭意進めており、それを実現するために強固なDappsウォレットが必要だったと推察します。

いかにこの買収が重要だったのかよくわかりますね。

 

バイオさん
バイオさん
Binanceは圧倒的な速度で進化していくよね…。
コロぽち
コロぽち
あの仮想通貨バブルを経験しても、なお価格が上がり続けるBNBトークンは異常や…。

 

Binanceの正式ウォレットにもなったTrust wallet。

Binanceユーザーなら是非ともスマホにインストールしておきましょう!

 

スポンサードリンク

Trust Wallet(トラストウォレット)のダウンロード・インストール方法と使い方

Trust Wallet(トラストウォレット)のダウンロード・インストールをしているところ

それでは実際にTrust walletの登録方法・使い方に関して説明していきますね。

 

Trust walletをダウンロード・インストールする

まずTrust walletのホームページに行き、アプリをダウンロード・インストールしましょう。

 

▼以下からもインストールできます▼

Trust. Crypto & Bitcoin Wallet

Trust. Crypto & Bitcoin Wallet

posted withアプリーチ

 

Trustウォレットを作成する

インストールしたTrust walletアプリを起動すると以下の画面が表示されるので「新しいウォレットを作成する」をクリック。

 

「ウォレットをバックアップしてください!」と表示されるので「続ける」をクリック。

 

12個のリカバリーフレーズが下記画面灰色の箇所に表示されるので、紙やスマホにメモします。

このとき単語を間違えたりしないように注意してくださいね。

 

先ほどメモしたリカバリーフレーズの入力を求められるので、メモの内容に基づいて入力して「続ける」をクリック。

 

可愛らしいキャラクターが表示されたら「完了」をクリック。

 

下記画面が表示されたらウォレットの作成は完了です!

 

パスコードの設定

ウォレットの作成が完了したら、セキュリティ向上のためにパスコードを設定しましょう!

 

Trust wallet画面右下の「設定」をクリックして、「パスコード/Touch ID」を選択。

Trust walletの設定画面1

 

6桁の新しいパスコードを入力します。

僕はスマホのロック解除パスコードとは違うものを入力しました。

Trust walletのパスコード設定画面

 

「パスコード/Touch ID」が緑色になったらパスコードの設定は完了です!

パスコードの設定が完了したTrust wallet画面

 

Trust walletは自分の銀行口座に簡単アクセスできるようなものですので、パスコードを設定せずにスマホを落とすと悲惨なことになります。

万が一、仮想通貨が盗まれても自己責任ですのでセキュリティ意識は高くしておきましょう!

 

新しいウォレットを追加作成する

Trust walletはウォレットを何個でも新しく作成することができます。

複数個作っておけば、例えば保管用・トレード用・Dappsゲーム用という形で使い分けることも可能です。

もちろん1個で使い分けることも可能ですが、作成自体は1~2分ですのでつくっておくことをおすすめします。

 

Trust wallet画面右下の「設定」をクリックして、「ウォレット」を選択。

 

ウォレット画面右上にある「+」を選択。

 

最初にウォレットを作成した画面が出てくるので、最初のやり方と同様に「新しいウォレットを作成する」を選択して進める。

 

これで新しいウォレットを追加作成するのは完了です!

 

Trust walletへの入金

それでは実際にTrust walletに入金してみましょう!

 

ここではイーサリアム(ETH)の入金を例にご説明します。

まず画面左下の「ウォレット」を選択し、「Etherreum」のところを選択。

 

「受信する」を選択。

 

QRコードが表示されるのでQRコードを読み込みます。

もしくは「ウォレットのアドレスをコピーする」を選択し、そのアドレスをお好きな仮想通貨取引所の「出金アドレス」に追加します。

 

仮想通貨取引所から出金が完了すると、出金後数分で下記のように送金が完了します!

早くて素晴らしいですね!

なお送金スピードはその時のトランザクション量(取引量)に依存します。

 

Trust walletに送金が完了したら、あとは保管するなりDappsに利用するなり自由です!

色々なことが試せるので、ぜひ触ってみてくださいね。

 

注意:Trust Wallet(トラストウォレット)だけで全資産管理はやめよう

Trustwalletに全資産を預けてGOXしてしまった人のお墓

というわけでTrust walletの基本的な使い方に関してご説明しました。

ユーザーの使いやすさも考慮されたTrust walletのクオリティは正直かなり高く、これまで使ってきたウォレットの中でも抜群に使いやすいです。

 

が、ここで気を付けるべきはTrust walletに全資産を預けないこと。

なぜならどれだけ使いやすいとはいえ、まだ仮想通貨ウォレットは発展途上であり、ハッキングのリスクがゼロではないからです。

 

全財産をたった1つの口座に預けている人はそもそも少ないと思いますが、それは仮想通貨でも同様で分散管理が基本。

僕は取引に使う仮想通貨以外は「TREZOR」や「Ledger NanoS 」などのハードウォレットに保管しています。

 

ビットコインとか、イーサリアムとか、長期保有すると決めている銘柄はハードウォレットで管理していた方が安心ですよ。

 

バイオさん
バイオさん
まだ持っていない人は、どちらかの購入を勧めます!
コロぽち
コロぽち
ちなみに2個持っていると万が一のリカバリーがすぐできるから、余裕があるなら2個持っておくといいぞ。

 

▼購入は以下からどうぞ!▼

 

ちなみに僕は「短期取引用の銘柄保管」&「Dappsを活用する」ためのウォレットとしてTrust walletを使用しようと考えています。

もし「どうやって活用したらいいの?」と悩まれているのだとしたら、ぜひ僕と同じ使い方をしてみてくださいね!

 

スポンサードリンク

Trust Wallet(トラストウォレット)は仮想通貨ユーザーなら持っていて損なし!

ブロックチェーンを表す様々な語句

というわけでTrust walletに関する説明は以上です。

TREZOR」と「Ledger NanoS 」を購入して以来、久々に使ってみようと思えるウォレットだと感じました。

 

しかも上記2ウォレットとは異なり、無料で使えるというのはすばらしいですね!

これからDappsもどんどん新しいものが出てきますし、ブロックチェーンゲームも普及するのは間違いなし。

このウォレットを通じて色々なことができそうなので、これからちょくちょくいじっていきます。

 

またTrust walletに関する情報がアップデートされたら、追記していきますね。

 

ちなみに当記事を読んだけど「まだBinanceに登録していないよ!」という方は、ぜひこの機会に登録しておきましょう!

登録は数分でできますし、もちろん登録にかかる費用なども無し。

Binanceは仮想通貨投資を行っている人なら、ほぼ間違いなく登録している取引所です。

皆使っておりますし、登録しておいて損はないですよ。

 

▼Binance公式サイトから登録▼

 

なおBinanceを使用するには、国内取引所で仮想通貨を購入してBinainceに送金する必要があります。

仮想通貨取引所がたくさんあってどれが良いのかわからない!」という方は、僕も使っているbitbankをご活用ください。

国内取引所で「取引量No.1」「セキュリティNo.1」「アプリストアNo.1」を獲得しているので、安心して使えます。

 

▼bitbank公式サイトから登録▼

bitbank

 

当記事が参考になったら、ぜひくりぷとバイオ(@cryptobiotech)のTwitterもフォローしてやってくださいませ。

ではではっ

ABOUT ME
くりぷとバイオ
くりぷとバイオ
研究を一生続けていくため、まずお金の不安を解消すべく副業を始めた20代科学者。 旧帝大を修士で卒業後、大手企業で基礎研究職に従事。 研究室時代はストレスで心身を病みながらも日夜実験に取り組み、運良く筆頭著者論文を複数投稿することに成功した苦労人&棚ぼたマン(自称)。 暗号資産の面白さ・可能性に惚れこみCoinMarketCapの銘柄を全部調べた経験あり。