仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

「自分には才能がない」と言い訳するくらいなら、新しいことを始めてみよう

「自分には才能がない」と言い訳する人って、多分いま自分がやっている分野に対しては才能がないっていうふうに判断しているだけだと思います。

あなたは優秀だと思われてる点が本当はいくつかあると思うんですけども、その分野に留まっているからこそ、それに気づけないというのはよくあること。

それに気づけずに、周りの人間が優秀に見えてしまって、「ああ、自分って駄目だな」ってなってどんどん自信をなくしていってしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな方は思い切って新しいことに積極的にトライしてください!

「始めてよかった」と思えることにたくさん出会えるはず。

新しい世界に飛び込んで、「自分はちゃんと強みを持っている」ということに気付けた

僕はこれまで研究一筋で生きてきたわけですけど、研究という分野でみたら僕はあまり大したことないんですよ。

だって僕と同世代とかもうちょっと上の先輩だと、もう助教とか准教授レベルだったりしますし、ネイチャー・セル・サイエンスにファーストオーサーで論文を出しているっていう人たちもいます。

そう考えるとやっぱり研究分野においては「自分は才能ないのかな」っていう風に思ってしまいますね。

でも仮想通貨やブログの世界に飛び込んでから、「おお、研究ってしっかり自分の強みとして成立しているじゃん」と気づけました。

仮想通貨やブログの世界にも、もちろん僕から見て天才たちがいます。

でも彼らは「研究できる」ということに対して天才だと思ってくれる節もあったりするんです。

多分「自分にはないものを持っている」と判断していただいているからでしょうか。

この時「新しい分野では、今まで積み上げてきたものが強みとして成立する」と強く実感しました。

 

あなたから見た「天才」も自分には才能がないと悩んでいる。ただ、違うのは彼らは絶対にあきらめない

我々のような一般人からしてみたら「天才」っていうのは情報処理能力も高いし、作業効率も半端ないし、自分たちが思いつかないようなことをバンバンと閃くイメージがあります。

でもそういった天才たちと話してみると、意外にも彼らは自分に才能がないと思ってるんですよ。

嫌味に聞こえるときもありますが笑

その天才たちと僕は何が違うかと考えると、やっぱり「あきらめない」という精神力が圧倒的に違うんじゃないかなって思います。

我々のような凡人は強者に対して屈服してしまいやすいんですよ、精神力があまり強くないから

だからこそ「自分はやっぱりこれに向いてないんだ」っていうふうに諦めて自分自身を正当化する

あーこれやっぱり僕に向いてなかったんだって正当化すると自分の心を守ることもできますし。

我々が天才だと考えている方たちは、人にどれだけバカにされても、自分よりも優秀な人たちに敗北してもあきらめない

そのマインドセットだけなんじゃないかな。

我々のような一般人が考える天才との違いって。

 

新しいことに挑戦するメリット

本業の生産性がめちゃくちゃ向上する

もともと僕は研究一筋だったという話をしました。

研究が好きだったし、だからこそ一日中研究をやり続けられるって思っていました。

でも逆にその意識のせいで、ダラダラと論文読んだり、業務の成果に繋がりにくいような論文も時間かけて読んじゃったりっていう部分が実はあったんです。

でも仮想通貨やブログを始めたおかげでその短所に気付けた。

研究もいかに効率良く終わらせるかということをものすごく意識できるようになりましたね。

1つのことを続けられるのは2時間が限度。でもやることを変えればまた集中力は持続する

1つのことをやり続けるって2時間くらいが限界だと思うんですよ。

でも全然違うことだったらなぜか集中が切れずに続けられる

これは結果的に生産性をかなりアップさせていますね。

1つのことしかやることがないと集中がどうしても続かない時がある。

でも複数やることを持っていると、集中は持続できる。

この両者の差は物凄く大きいと思います。

 

新しいことで収入を得ることができれば心にゆとりが生まれる

あと最後に、新しいことを始めて、もしそれが別収入を生むことになった場合、心にかなりのゆとりが生まれます。

1つのことをやっていると、基本的にその1つのことに対する収入しか生まれない。

企業人は特にその典型例。

でも新しいことをやれば別の収入が生まれる可能性がある。

仮想通貨をやれば仮想通貨の収入が、ブログをやればブログの収入が入るかもしれない。

どの分野でもそうですけど、やっぱり心にゆとりを持っている人の方が成功しやすいですよ。

いつも心に余裕がない人っていうのは、例えば研究でいったら日々のちょっとした発見に気づけなくなったりしますし、今の業務に対する成果しか考えられなくなったりする。

結果的に新しい発見を創出できなくなるから、どんどんと追い詰められていく。

負のスパイラルですね。

ただでさえ仕事が終わっていない本業があるのに、新しいことをやるなんてもってのほかだ」っていうふうに思うかもしれません。

でも新しいことを始めれば、意外に本業にもメリットがある。

「どうせやっても意味がない」という前にまずは始めてみてください(/・ω・)/

三日坊主では何もわかりませんが、3か月くらい続けてみるとそのメリットに気付けるはずですよ。

 

※最後まで読んでいただきありがとうございました。

ブックマーク、コメント、読者登録、とても励みになります。

これからもよろしくお願いいたします。

気になったことなどございましたら、以下からドシドシご質問ください!

 

こちらの記事も読まれています

研究者はVoicyを使うべき!? バイオ系企業研究者が使ってみてわかったメリット5つ紹介します 先日voicyを初めて使ってみたのですが、これはすごい。今後継続的に使用していくのを決めたので、なぜそう思ったのか、またvoic...

https://www.cryptocurrency-bioresearch.com/social-topic4

 

<Peing>

<モナバコ>