あなたに役立つ理系就活情報はこちら
               

楽天ウォレット | 暗号資産(仮想通貨)取引所の登録方法と取り扱い銘柄を解説【楽天銀行口座があればすぐ完了】

国内仮想通貨取引所である楽天ウォレット(Rakuten Wallet)の登録方法、取り扱い銘柄などを画像付きで詳しく説明します。

楽天ウォレットは、楽天株式会社の関連企業である「楽天ウォレット株式会社」が提供する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

元々「みんなのビットコイン株式会社」という商号でしたが、2019年3月1日に楽天ウォレット株式会社に変更。

2019年4月15日から新規口座開設の申込受付を開始しています。

 

この取引所は、楽天ユーザーにぜひおすすめしたい暗号資産(仮想通貨)取引所です。

登録には楽天IDと楽天銀行口座が必要ですが、それらがあれば数分で登録が完了します。

 

これから暗号資産(仮想通貨)を始めたいという方は、ぜひ当記事を参考にしてみてくださいね。

 

暗号資産(仮想通貨)取引所 | 楽天ウォレットの登録・口座開設で必要となるもの

楽天ウォレットの口座にお金を振り込んでいるところ

楽天ウォレット(Rakuten wallet)を口座開設する前に下記のものを準備しておきましょう。

 

  • 楽天会員ユーザID
  • 楽天銀行口座
  • メールアドレス
  • パスワード(登録用に自分で考えたもの)

 

楽天会員でない、楽天銀行口座を持っていないという方は以下のボタンからどうぞ。

会員登録も口座開設も数分で終わりますよ。

 

 

コロぽち
コロぽち
上記のものを準備しておけば口座開設は数分で終わるぞ~

 

スポンサードリンク

楽天ウォレットの登録・口座開設方法

それでは早速、楽天ウォレットの口座開設方法に関して説明していきますね。

楽天ウォレット(Rakuten wallet)の公式ホームページから「今すぐ口座開設」をクリック。

 

楽天会員登録と楽天銀行口座開設を要求されますが、さきほど完了しているはずなので「同意して進む」を選択。

 

楽天会員ログインの画面が表示されるので、ユーザーIDとパスワードを入力して「ログイン」

 

5つの書面を確認したら「承諾して進む」を選択。

 

楽天ウォレットIDとして使用するメールアドレスを入力しましょう。

アドレスは特に指定ありませんが、gmailを利用する方が多いですよ。

 

楽天ウォレットパスワードを自由に設定しましょう。

できるだけ長く設定した方がセキュリティ強化に繋がります。

 

お客様の基本情報は下記の内容を入力しましょう。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 国籍
  • 住所
  • 職業
  • 出金先金融情報(楽天銀行のみ)
  • 勤務先情報

 

これらを入力して先に進むと、下記のように「登録内容の確認」が表示されます。

登録内容の誤りがないことを確認したら「申し込む」を選択。

 

これで楽天ウォレットの口座開設申し込みは完了です!

楽天銀行への接続が必要になるので、下記画像の通り「楽天銀行に接続」を押しましょう。

 

楽天銀行の口座開設時に設定したユーザID、ログインパスワードを入力して「ログイン」を選択。

 

「自動引落設定申込」の画面に進むので、「ワンタイムキーを送信する」をクリック。

登録したメールアドレスにワンタイムキーが送られてくるので、下記画面をスクロールして出てくる入力欄に記入。

 

自動引落設定申込が完了すると、下記のような画面が表示されるので連携完了です!

 

審査完了までは日数かかりますので、その他の取引所を開設するなどして気長に待ちましょう。

 

その他おすすめする取引所
bitbank

暗号資産(仮想通貨)取引所がたくさんあってどれが良いのかわからない!

という方は僕も使っているbitbankをご活用ください。

国内取引所で「取引量No.1」「セキュリティNo.1」「アプリストアNo.1」を獲得したこともあり、安心して使えますよ。

bitbank公式サイト

 

楽天ウォレットの特徴

画面上に表示された楽天ウォレットの特徴

本項では楽天ウォレットの特徴に関して簡単に解説します。

楽天ウォレットの特徴となる点は以下の4つです。

 

  • 口座開設が最短即日
  • 口座開設も取引も手数料0円
  • AIチャットによる24時間問い合わせ
  • 最新セキュリティによる資産管理

 

1つずつ簡単にご説明しますね。

 

口座開設が最短即日

楽天ウォレットは楽天銀行と連携しているため、口座開設が非常にスムーズです。

別の暗号資産(仮想通貨)取引所だと本人確認手続きが必須なのですが、けっこうめんどくさいんですよね…。

 

でも楽天ウォレットはそれを省力しているので、口座開設が手軽。

しかも楽天銀行との口座振替設定で入出金も楽々です。

 

口座開設も取引も手数料0円

口座開設も口座維持も無料だから気軽に口座開設できます。

日本円の入金と暗号資産(仮想通貨)の入庫が無料なので、サクッと取引を始めることが可能。

ただし出金と暗号資産(仮想通貨)の出庫には手数料がかかります。

 

AIチャットによる24時間問い合わせ

楽天ウォレットでは、AIチャットが24時間365日いつでも自動で応答してくれます。

「よくある質問」で膨大な回答を用意してくれている所もありますが、探している時間がもったいないですよね…。

 

このAIチャットだと気になることをチャート形式で問い合わせることができるので、余計な情報を探す必要もなし。

 

コロぽち
コロぽち
顧客視点で非常に好感が持てるな。
バイオさん
バイオさん
AIで問い合わせってことは、徐々に応答精度が上がっていくということか…。

 

最新セキュリティによる資産管理

楽天ウォレットの資産はオフライン上で管理されます。

 

ネット上で保管する形式だと、ハッキング等で盗まれるリスクがぬぐえません。

が、当然オフライン管理なら盗まれる心配もなし。

 

スポンサードリンク

楽天ウォレットの取り扱い銘柄

楽天ウォレットで取り扱われる仮想通貨銘柄

ニュースにて発表された内容になると、現時点で扱うことが決まっている暗号資産(仮想通貨)銘柄は以下の通り。

 

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

 

いずれもBTC・ETH・BCHと日本円建ての通貨ペアに対応します。

 

楽天ユーザーは楽天ウォレットにも登録しよう!

というわけで当記事は以上です。

楽天ユーザーだけど、まだ暗号資産(仮想通貨)投資を始めていないという方は、この機会にぜひともどうぞ。

将来的には楽天ポイントで暗号資産(仮想通貨)の購入ができるようになる、と個人的に予想しています。

 

そうすれば日々の買い物で貯まったポイントで、暗号資産(仮想通貨)投資に参入する人も増えるのではと考えます。

まずは少しずつの投資からスタートして、この業界に慣れていきましょう!

 

当記事が参考になったら、ぜひくりぷとバイオ(@cryptobiotech)のTwitterもフォローしてやってくださいませ。

ではではっ

 

その他おすすめする取引所
bitbank

暗号資産(仮想通貨)取引所がたくさんあってどれが良いのかわからない!

という方は僕も使っているbitbankをご活用ください。

国内取引所で「取引量No.1」「セキュリティNo.1」「アプリストアNo.1」を獲得したこともあり、安心して使えますよ。

bitbank公式サイト

bitbank

 

 人気記事  仮想通貨のジャンルがどれくらいあるのか全銘柄調べて分類してみた

 人気記事   仮想通貨全銘柄を調べてみて感じたこと&簡易将来予想【CMC編】

ABOUT ME
くりぷとバイオ
くりぷとバイオ
研究を一生続けていくため、まずお金の不安を解消すべく副業を始めた20代科学者。 旧帝大を修士で卒業後、大手企業で基礎研究職に従事。 研究室時代はストレスで心身を病みながらも日夜実験に取り組み、運良く筆頭著者論文を複数投稿することに成功した苦労人&棚ぼたマン(自称)。 暗号資産の面白さ・可能性に惚れこみCoinMarketCapの銘柄を全部調べた経験あり。