仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

【airdrop向け】MyEtherWallet(マイイーサウォレット)とは?使い方・登録方法など【図で徹底解説】

 

仮想通貨のairdropに参加したいんだけどMyEtherWalletってやつが必要と言われた

インターネット上で保管できる仮想通貨用のウォレットでオススメなものは何?

MyEtherWalletの使い方がわからないから教えてほしい

 

という方に向けてMyEtherWalletの登録方法や使い方などを解説していきます。

この記事を読めば、

 

  • MyEtherWalletって何?
  • どうやって登録すればいいの?
  • どうやって使えば良いの?
  • MyEtherWalletのメリットデメリットって?

 

ということがわかります。

 

この記事はこんな方におすすめ
  • 新しく仮想通貨を始めたけどウォレットが何かよくわからない方
  • 仮想通貨を管理できるウォレットを探している方
  • 仮想通貨airdrop用のウォレットを準備したい方
  • MyEtherWalletの各種使い方を知りたい方

 

コロぽち
コロぽち
コロぽちおすすめの仮想通貨airdropをやりたい人は、この記事をしっかり読んで登録しておくように
バイオさん
バイオさん
(なぜ相変わらず上から目線なんだ…)

 

MyEtherWalletって?

MyEtherWalletはPC上で仮想通貨の管理・保管ができるウォレットです。

ウェブ上にウォレットを管理するための秘密鍵を保存するわけではないので、仮にMyEtherWalletがサーバー攻撃されて乗っ取られたとしてもあなたの秘密鍵は安全です。

 

秘密鍵:「銀行口座の暗証番号と届出印」のようなモノ。

仮に漏えいしたら、そこに保管されているお金は全て盗まれると考えてよい。

 

また、MyEtherWalletはTREZORLedgerNanoSのようなハードウォレットとも連携することができます。

バイオさん
バイオさん
僕は普段LedgerNanoSを使ってMyEtherWalletに接続しています

 

 

MyEtherwalletの対応通貨

イーサリアム(ETH), イーサリアムクラシック(ETC)はもちろん、イーサリアムを活用してつくられたトークン(ERC20など)も保存することができます。

イーサリアムトークンの例としては、有名どころだとEOS, Tronix(TRX), VeChain(VEN), BinanceCoin(BNB), OmiseGO(OMG)などがあります。

現在の仮想通貨は大半がERC20トークンと呼ばれるイーサリアムベースのものでつくられているので、MyEtherWalletを使えるようにしておくことはオススメ。

 

ちなみにERC20って何?という方はこの記事を読んだ後にこちらをご覧ください。

仮想通貨イーサリアム(ETH)の技術仕様ERC20, ERC223, ERC721とは?解説します!【初心者向け】 今回はイーサリアムのトークン技術仕様であるERC20, ERC223, ERC721に関して、初心者の自分でもわかるようにまとめ...

 

 

MyEtherWalletの登録方法

1.  MyEtherWalletのホームページに行く。

 

2.  日本語になっていることを確認したら「お財布の作成」をクリック。

 

 

3.  「強固なパスワードを入力してください(9文字以上)」の欄に好きなパスワードを入力して「お財布の作成」をクリック。

バイオさん
バイオさん
パスワードは必ずメモしておきましょう!僕はexcelと紙、スマホのメモ帳に残しています 

 

 

4.  「ダウンロード Keystoreファイル(UTC / JSON)」をクリックしてファイルを保存したら「わかりました。続けます。」をクリック。

ちなみに下の3文には「絶対それを無くすな! 絶対にそれを他人と共有するな! バックアップを取れ!」ということが書かれています。

 

 

5.  自分の秘密鍵が表示されます。
黒枠で隠している部分が漏れたら終わりです。
※絶対に他人には見せないようにしましょう!あなたの友人にもです!

バイオさん
バイオさん
僕の友人は、これを信頼している友人に見せた1週間後にウォレットの中身が全て消えたそうです…
コロぽち
コロぽち
真相は闇の中…

 

 

6.  「お財布紙情報(ペーパーウォレット)を印刷」をクリック

 

 

7.  以下の画面が表示されるので印刷。
これも誰かに盗まれたら終わりなので、誰にも見られないように気を付けましょう!

 

コロぽち
コロぽち
盗まれたら終わりってリスク高すぎない?
バイオさん
バイオさん
盗まれても自己責任というのが仮想通貨の怖いところだね。セキュリティ感度を高めていこう!

 

 

9.   「アドレスを保存してください。→」をクリック。

 

 

10.  以下の画面が表示されたら登録完了です!

 

コロぽち
コロぽち
けっこう簡単だな! これはコロぽちでもできるぞ!
バイオさん
バイオさん
通常のスマホアプリを登録するのと変わらない時間でできるから簡単だね!

 

MyEtherWalletの使い方

ここではハードウォレットをお持ちでない方のために、先ほどダウンロードした「Keystore / JSON File」を使った使用方法をご説明します。

 

1.   ホーム画面から「Ether/トークンの送出」をクリック。

 

 

2.  Keystore / JSON Fileをクリック。

 

 

3.  「お財布ファイルを選択…」をクリック。

 

コロぽち
コロぽち
なんか英語で「この方法はおすすめしない」って書かれているんだけど…
バイオさん
バイオさん
良い所に気付いたね!これは毎回のやりとりの度に秘密鍵の情報を入力していることになるから確かに危ないんだ…。
コロぽち
コロぽち
え!? それって大丈夫なのか!?
バイオさん
バイオさん
この状態が長く続くのはよくないよ…。
だからこそ早めにハードウォレットの購入などを検討しよう!
バイオさん
バイオさん
絶対にこの方法で開錠するウォレットに大金を入れないように!
使うなら仮想通貨プレゼントやairdropなどの「受け取り専用」にしよう!

 

4.  登録の時に保存した「Keystore / JSON File」を選択して開く。

 

5.  以下に登録時に設定したパスワードを入力する。

 

6.  「解錠」ボタンが表示されるのでクリック。

 

 

 

7.  以下の画面が表示されたら解錠完了。
画面矢印に記載されているアドレスがあなたのアドレスです。
これがairdropやプレゼント企画に応募する際に必要になる「イーサリアムアドレス/ERC○○アドレス」になります。

 

  • 宛先アドレス:送金相手のアドレス
  • 送出数量:送金したいイーサリアム量
  • ガスリミット:送金手数料(指定がなければそのままでOK)

 

MyEtherWalletを実際に使ってみて感じるメリット・デメリット

MyEtherWalletには以下のメリットがあります。

  • 日本語対応しているので使いやすい
  • 仮想通貨airdropなどで配布されるERC20トークンも保管可能
  • オンラインウォレットよりも安全
  • ハードウォレットとの連携が非常に簡単

 

一方で、こんなデメリットもあります。

  • 秘密鍵を紛失すると二度とウォレットを開くことができない。
  • 登録の際に発行されるKeystore / JSON Fileは再発行できない
  • ハッキング受けたことがある
  • 偽サイトが出回っている

2018年4月28日にMyEtherWalletがハッキングされて、偽サイトに自動転送されるという事件が起こりました。

今はもう解決されていますが、やはりこういったリスクがあるということも心に留めておかないといけませんね。

 

バイオさん
バイオさん
ウォレットは1つだけを使いまわすのではなく、必要量だけ取引所に預けたり、ハードウォレットに保管したりなどリスク分散を心掛けましょう!

 

まとめ

記事の要約
  • MyEtherWalletはPC上で仮想通貨を保管できるウォレット
  • イーサリアムベースの仮想通貨に対応しているため非常に多種を保管できる
  • 登録方法と使い方も簡単!
  • やはりデメリットはある…しかしそれを補って余りある魅力がある!

 

いかがでしたか?

これから仮想通貨を始める方もこの機会にぜひMyEherWalletに登録してくださいね。

仮想通貨airdropをやる上でも必須となるので登録するのが吉です!

 

 

 

こちらの記事も読まれています

MyEtherWalletと連動するハードウォレットLedgerNanoSの使い方などはこちらから。

リップル(XRP)などが保管できるLedger Nano Sの使い方を解説!設定・アップデート方法などまとめました。今回はリップル(XRP)とイーサリアム(ETH)、ERC20トークンなどを保管できるハードウォレット「Ledger Nano S」が日本...