仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

世界の人々の健康を改善するMedicCoin(MEDIC)とは?特徴、購入方法、取引所、将来性など解説

様々な癌・アルツハイマー病・パーキンソン病・糖尿病・感染症などの多数の疾病の研究に貢献し、かつ一般人の健康促進にも影響を与える仮想通貨「MedicCoin(MEDIC)」の特徴、購入方法、取引所、将来性などを解説します。

すでに複数のプロダクト(app, 寄付システムなど)を提供しているので、今後の展開に期待?したいバイオ系仮想通貨です。

ぜひ当記事を参考にしてみてください。

 

この記事はこんな方におすすめ
  • 仮想通貨に興味がある方
  • ウォーキング・フィットネスで健康的な生活を送りつつ、仮想通貨を手に入れたい方
  • 仮想通貨で科学技術や慈善事業に貢献したい方
  • 医師の診断指示をなんとなく守らなかった経験がある方

 

 

MedicCoin/MEDICの3行まとめ

 

記事の要約
  1. 科学研究への貢献や慈善団体への寄付を通して、人類に利益をもたらすために作られた暗号通貨
  2. 歩く、走る、ジョギングする、ダンスをするなどの行為に応じて仮想通貨MEDICが獲得できる
  3. 予約通りに診察を受け、医師の指示に従う患者に報酬として与えるシステムを構築する

 

 

MedicCoin/MEDICとは?

MedicCoinは健康促進や、不要なコンピュータのパワーを大学に寄付するといった取り組みに対して個々人に報酬を与え、世界中の健康と慈善活動を貢献する仮想通貨です。

この仮想通貨は、仮想通貨業界のさらなる発展を目的に高度なスキルや高価なマイニング装置がなくてもMedicCoinコミュニティに参加できるようにすることを目指しています。

もちろんスマートフォンなどが無いレベルの発展途上国ではMedicCoinコミュニティに参加することはできませんが、MedicCoinは以下のような取り組みで全世界を巻き込もうとしています。

 

MedicCoin/MEDICとの特徴

MedicWalk:歩くほど、走るほど仮想通貨がもらえるアプリ

MedicWalk

MedicWalk

HANSON NGUYEN無料posted withアプリーチ

「もらえるようです」というのはまだ僕自身が試していないからです…悪しからず。

バイオさん
バイオさん
このアプリを使用してみたレビューを後日投稿しますので、お楽しみに!

 

スタンフォード大学の「Folding@homeプログラム」にコンピューターのマシンパワーを提供

Folding@home(フォールディング・アット・ホーム)は2000年10月から北アメリカのスタンフォード大学を中心に行われているコンピュータープログラムです。

このプログラムでは、医薬品開発に繋げるためにタンパク質構造解析を行っています

例えば、ガンに関係するタンパク質Aが同定されていたとしても、そのタンパク質Aがどのような形をしているのかが分かっていなければ効果の高い医薬品を創出することはできません。

 

コロぽち
コロぽち
倒す必要があるけれど、全く情報が無い敵を倒すのはかなり難しいってわけだな

 

ただしこの解析には膨大なマシンパワーを必要とし、スタンフォード大学が保有しているタンパク質構造解析用のマシンだけではまだまだパワーが足りません。

そこでMedicCoinでは「一般ユーザーのマシンパワーを借りることでこのプロジェクトの進行を促進させる」という試みを実施しています。

 

コロぽち
コロぽち
いや…医薬品開発に貢献できるのは面白いけどさ、こっちは電気代使うだけでメリット無くない?
バイオさん
バイオさん
と思う方のためにMedicCoinは賢いシステムを提供しているよ!

 

その賢いシステムとは「マシンパワーを貸してくれただけMEDICがもらえる」というものです。

 

バイオさん
バイオさん
採掘(マイニング)のようなものと考えてもらえればわかりやすいんじゃないでしょうか

 

医薬品開発にも貢献できて、かつMEDICがもらえるのであれば「やってみようかな?」という気持ちにもなりますね。

 

 

医師の指示に従うことに対して報酬を付与するシステム

せっかく病院に行って薬を処方してもらったのに、服用することをついつい忘れてしまうということはありませんか?

もしくは「1週間毎日1回ずつ飲む薬」を飲んでいたら2日くらいで体調が良くなってしまって飲むのを止めてしまったという経験は?

 

そういった行為は病気の完治を遅らせる危険性があります。

病気の完治が遅れたりすると、もう一度病院に行く必要が出てきたりするため、結果的に病院にとって患者数が増える要因になります。

 

このような問題を解決するためにMedicCoinは「医師の指示にしっかり従ってくれる患者」に対して報酬を与えるプラットフォーム構築を目指しています。

このプラットフォームが実現すれば、

  • 予約通りに病院に来ず、待っている他の患者に迷惑をかける
  • 薬を正しく服用しない
  • 病院で騒いだり、暴言を吐いたりする

といった行為を減らせるようになります。

コロぽち
コロぽち
正しい行為をしたら報酬がもらえるというのは、社会的にも良い影響をもたらしそうだな!

 

 

仮想通貨利用が可能なオープンソース電子カルテ(MedicEMR)の提供

電子カルテは病院を運営する上で今や必須なツールです。

しかしその電子カルテシステムを構築する企業はたくさんあり、なおかつ電子カルテシステムを導入する費用は膨大です。

 

ボクシルマガジンによると、電子カルテ導入費用はこれくらいかかるとのこと。

データベースシステムである電子カルテの導入にあたっては、初期費用が問題となる場合があります。

汎用の電子カルテシステムも存在しますが、各医療機関ごとにカスタマイズやバックアップシステムの追加が必要になる場合があり、医療機関の規模によっても初期費用が大きく変わってきます。

後の項目で改めて解説しますが、その費用は診療所で数百万円、一般的な病院で数千万円、大規模病院だと数億から数十億円規模とされています。

電子カルテ導入で医療現場はどう変わるのか | メリットやその普及を妨げる課題とは

 

コロぽち
コロぽち
数十億円は高すぎる…。しかもこれ年間維持料とかは別だろ?
バイオさん
バイオさん
そうだね…大規模病院だと点検もかなりの額が必要だし、ここにかかるコストは運営的に無視できないよね..。

 

MedicCoinでは、この問題を解決するためにオープンソースの無料電子カルテ(MedicEMR)提供を行っています。

 

オープンソース

ソフトウェアのソースコード(プログラミング言語で記述された文字列)を無償で公開し、誰でも自由に改良・再配布ができるようにしたソフトウェアのこと

引用元:オープンソースって何?

 

さらにMedicEMRは患者や医師が使用するほどMEDICがもらえるシステムとなっています。

 

 

統合型遠隔医療アプリケーション(MedicPhone)の提供

MedicPhoneは運動機能障害のある人々や、交通手段の問題がある人々のために作られたもアプリケーションであり、遠隔地でも24時間いつでも認定専門医に連絡を取ることが可能です。

しかもこのMedicPhoneは上記のMedicEMRとも繋がっており、MEDICによる支払方法を受理する機能も備えているとのこと。

 

 

MedicCoin/MEDICの基本情報

 

通貨名 MEDIC
公開日 2017年12月(MedicCoinウェブサイト公開日)
再発行枚数 500,000,000枚
通貨システム PoW
ホワイトペーパー こちら
Twitter https://twitter.com/mediccoin
Discord https://discordapp.com/invite/SjudnyK
公式サイト http://projectlivedemo.com/mediccoin/

 

MedicCoin/MEDICの購入方法

購入可能な海外取引所一覧

 

バイオさん
バイオさん
これらは海外取引所なので、MedicCoinを買うなら一度国内取引所を経由する必要があります。
コロぽち
コロぽち
以下のおススメ国内取引所から登録して、まずはビットコイン(BTC)を購入しよう!

 

コロぽちおすすめの国内取引所

 

 

MedicCoin/MEDICの口コミ、評判

 

まだまだ発展途上のアルトコインゆえ、賛否両論といったところでしょうか。

 

 

MedicCoin/MEDICのニュース

  • 2018年4月30日

MedicPayのデビットカード交付

 

  • 2018年2月5日

MedicCoinネットワークに25人の加盟店を募集開始。

 

  • 2018年1月25日

MedicPhone最終版リリース

 

  • 2017年12月31日

MedicPhone β版リリース

 

  • 2018年11月30日

MedicPhone α版リリース

 

  • 2017年9月30日

MedicEMRに支払いシステムを統合

 

  • 2017年7月31日

MedicEMR 最終版リリース

  • 2017年6月30日

Folding@Home CPU/GPU Miningの開始

 

  • 2017年5月31日

MedicFit(Medicwalkの前身?)を発表

 

 

MedicCoin/MEDIC評価まとめ

バイオさん
バイオさん
僕の独断と偏見でこの仮想通貨の評価をしてみました。

 

プロダクトの将来性 ★★☆☆☆(2/5)
時価総額の安さ ★★★★☆ (4/5)
単価の安さ ★★★★☆ (4/5)
競合相手の少なさ ★★★☆☆(3/5)
コミュニティの人気度 ★★☆☆☆(3/5)
総合評価  ★★☆☆☆(2/5)

MedicWalkは個人的にとても興味がありますが、様々なプロダクトを発表しており、ちょっと色々なことに手を出しすぎ?というのが率直な感想です。

あとTwitterで全然情報が上がっていないというのも投資案件としては不安を覚えます。

 

コロぽち
コロぽち
この仮想通貨のシステムは面白いんだが、フォロワーが少なすぎるんや…!
バイオさん
バイオさん
公式Twitterが、一般人である僕よりもフォロワー数が少ないというのはね…。

 

まずMedicWalkを使ってみて、それがどんな使い心地なのかを実感してから投資するかを判断しようと思います。

 

 

こちらの記事も読まれています

自分のスキルや専門性を世の中の役に立てたい、売ってみたいという方はこちらの仮想通貨がおすすめです。

人材市場に変革を起こすSKILLCOIN/SKILLとは? 特徴、将来性、情報量などを解説 | ERC223ブロックチェーン技術を用いて、 雇用者と被雇用者との間のミスマッチ解消 スキルシェアリングサービス 就労者のスキル...