あなたに役立つ理系就活情報はこちら
               

Libra(リブラ)|Facebookの仮想通貨(暗号資産)とは?特徴は?何が凄いの?【今後・将来性に期待】

あのFacebookが仮想通貨(暗号資産)を手掛けるらしいけど詳細がわからない。

何でそんなに騒がれているのかわからないから詳しく解説してほしい。

Libraは買えるの?どうやったら手に入るの?

 

当記事では上記のご要望・疑問にお応えいたします。

 

本記事の内容

読みたい項目をタップ・クリックすると目的箇所に移動します!

 

2018年2月から仮想通貨投資をしている出川組のくりぷとバイオ(@cryptobiotech)と申します。

銘柄調査が趣味みたいなもので、CoinMarketCapに載っている銘柄(2079種類:2018年10月13日時点)を全部調べてみたこともあります。

 

 

当記事ではFacebookが発表した仮想通貨「Libra(リブラ)」について特徴・将来性・開発状況などをまとめました。

Libra(リブラ)はどんな仮想通貨(暗号通貨)なのか、ご興味がある方は是非ご一読ください。

 

Facebookの仮想通貨(暗号資産)「Libra」とは?

Facebookのロゴが入った電池

Libra」とは、Facebookが開発をすすめている仮想通貨(暗号資産)プロジェクトの名称で、かつそのプロジェクト内で使用されるトークンとされています。

 

コロぽち
コロぽち
(トークンって何…?)
バイオさん
バイオさん
「ポイント」だと考えておけばいいよ。楽天など“特定のサービス圏”で使えるお金みたいなもの!

 

古代ローマ語で質量・通貨の単位として使用されていた言葉で、ラテン語では「天秤」という意味を持ちます。

 

この仮想通貨「Libra」が有する特徴は以下の通り。

 

  • ステーブルコイン(Stable coin)
  • Facebookサービス内で繋がる友人間での送金機能
  • 広告閲覧による報酬付与
  • 仮想通貨と実際の国際通貨を交換できる手段の導入
  • 多くの著名企業が参加するコンソーシアムを結成
  • クレジットカードの取引手数料回避やチップ(投げ銭)制度の普及
  • Paypal元社長とInstagramの製品担当副社長が関与

 

1つずつ説明していきますね。

 

ステーブルコイン(Stable coin)

ステーブルコインを暗喩する安定して積み重ねられた石

Techcrunchの情報によると、当該通貨は「ステーブルコイン」として運用されることが示唆されています。

 

ステーブルコイン(Stable Coin)

米ドルなどの国際通貨の値段と連動している仮想通貨のこと。

大きなボラティリティ(価格変動)がある従来の仮想通貨と比べて値動きが小さいため、通貨として活用しやすい特徴を有する。

 

ただしこのLibraは米ドルや日本円などの単一通貨と連動するわけではなく、「通貨バスケット制」を採用することで価格変動を防ぐようです。

 

通貨バスケット制

通貨の変換レートを、複数の貿易相手国の為替相場と連動させるもの。

単一通貨との連動だと通貨暴落の影響が大きいが、複数と連動しているため1つの通貨が暴落してもダメージは軽減される。

 

FacebookがLibraを種々の金融手段として活用したいと考えているのであれば、やはり価格の安定化が必須。

どの国際通貨を複数採用するかはまだ情報が明らかになっていませんが、今後の情報に注目したいですね。

 

Facebookサービス内で繋がる友人間での送金機能

FacebookのLibraを使って友人間で送金しているところ

Facebookの仮想通貨Libraは、MessengerやWhatsApp・Instagramなどのサービスを通じて友人間での送金を可能にします。

 

これが実現するとFacebook関連製品を使うユーザーは、ちょっとしたタイミングで友人にお金を借りることができます笑

またFacebookサービス上で繋がっている限り、ネットさえ繋がれば世界中のどこにいてもお金の送受金が可能に。

 

コロぽち
コロぽち
ちなみに銀行とかのサービス使うと数千円/件とか国際送金に取られるけど、仮想通貨ってどーなん?
バイオさん
バイオさん
例えば国内仮想通貨取引所GMOコインを使えばイーサリアムとか無料送金できるよー。しかも数分で着金する。

 

なおWE LOVE SOCIALの情報によるとFacebookの月間アクティブユーザー数は22億7,000万人とのこと。

これだけの人々がLibraを使って送金するようになったら、恐ろしい金額がLibra上でやり取りされるようになるでしょう。

 

広告閲覧による報酬付与

広告を閲覧することでLibraが報酬として溜まっていくところ

Coin Choiceの記事によると、Facebookは「広告閲覧に対する報酬付与」という画期的なシステムの実現を目指しているようです。

 

これまで我々はネットで情報を探す際に必ずと言ってもいいほど「広告」が目に入ってきました。

自分に役立つ情報ならまだ良いものの、関係ない広告を強制的に閲覧させられるのが苦痛という方もいたはずです。

 

そこでFacebookは発想の逆転をして「では広告を見てくれた人には報酬を付与しよう!」と考えたわけです。

これと同じ発想の仮想通貨プロジェクトにBrave(BAT)というものがありますが、この報酬付与システムはすでに市場である程度は受け入れられています。

 

コロぽち
コロぽち
試しにBraveウェブブラウザ使ってみたことあるけどなかなか良かったぞ。興味ある人は調べてみてくれ。

 

広告を見せて商品を宣伝したい人と、広告を見て報酬が欲しい&良い商品だったら買いたい人。

両者のWIN-WIN関係を構築することが可能なこのシステムは是非とも早く普及してほしいですね。

スポンサードリンク

仮想通貨と実際の国際通貨を交換できる手段(ATMなど)の導入

Libraと国際通貨をATMで交換しようと列を作っている人々

THE VERGEの記事によると、FacebookのLibraは米ドルや日本円などの国際通貨との交換にも活用できるようになるかもしれません。

 

As well as allowing users to send money over Facebook’s messaging products like WhatsApp and Messenger, Facebook hopes that its partnerships with e-commerce firms will allow users to spend the currency online.

The company is reportedly also looking into developing ATM-like physical terminals for people to convert their money into Libra.

 

上記の内容は国際通貨をLibraに換えるATMの話ですが、これができるなら当然逆も可能ですよね。

 

Libraが他の国際通貨と交換できるようになれば、例えば日本円を米ドルに換える必要は無くなります。

なぜなら個々人が所有するスマートフォンに保管されたLibraさえあれば、海外現地のATMなどで現地金が下ろせるようになるから。

 

コロぽち
コロぽち
それめちゃくちゃ凄いな!海外旅行とか行くときに高い手数料払って換金する必要ないやん!
バイオさん
バイオさん
そうそう。これからは現金がますます必要なくなっていくよね。

 

前項でも述べたように、広告閲覧でコツコツ貯めたLibraで何かを購入するということもできるようになるかもしれませんね。

「人々の生活を便利にする」という意味でもLibraには好感が持てます。

 

多くの著名企業が参加するコンソーシアムを結成

Libraに賛同する多くの著名企業を表すイメージ図

THE BLOCKから公開された情報によると、すでに著名な世界企業が何社もLibraコンソーシアムに参加表明しています。

例えば日本人でも馴染みがある企業は以下のようなところがあります。

 

  • Ebay:自社ウェブサイト上でC2C及びB2Bなど個々間での取引を可能にするグローバルマーケットプレイス
  • Visa:ペイメントテクノロジー会社
  • PayPal:クレジットカードや銀行口座で支払いと受け取りが簡単にできるオンライン決済サービス
  • Mastercard:ペイメントテクノロジー会社
  • Uber:乗り物共有プラットフォーム
  • Vodafone:イギリスの多国籍電気通信会社

 

上記の著名企業を見る限り、決済・ネット売買・タクシー・通話料など種々のサービスでLibraが使用できる可能性があります。

なお余談ですがLibraに参入する企業は1,000万ドル支払う必要があり、これにより集められた資金はLibraの価値を担保するため活用されるとのこと。

 

コロぽち
コロぽち
一大経済圏ができそうだな。
バイオさん
バイオさん
国家に依存しない経済圏が創れるのも仮想通貨テクノロジーの醍醐味だよね。

 

Techcrunchの情報によると、FacebookのLibraは2020年には正式取り扱いが開始される見込みです。

どれほど巨大な経済圏となるか今から楽しみですね。

 

クレジットカードの取引手数料回避やチップ(投げ銭)制度の普及

Libraを導入した人がクレジットカードを使わないようにしているところ

FacebookのLibraを決済手段として活用することで、クレジットカード手数料などが回避できるようになります。

また手軽にお金を送金できるようになるので、例えばFacebook上でフォローしている人に「いいね」の代わりに投げ銭することも可能に。

 

コロぽち
コロぽち
すでに中国ではWeChatやAlipayなどを使って投げ銭する文化が形成されてるから、これも普及はすぐだろ。
バイオさん
バイオさん
面白い動画を流したりすると投げ銭してもらえる時代はエンタメ感があって良いね!

 

手数料は誰しもが好きではないので、このような新しい技術で削減されると良いですね。

あとブロガーやYoutuberは今後“広告収入”だけでなく、こういったチップ(投げ銭)でも収益を上げられるようになるでしょう。

 

Paypal元社長とInstagramの元製品担当副社長が関与

著名な人々が集まってプロジェクトを推進させるところ

Facebookの仮想通貨プロジェクトを推進するメンバーには有力な方が3名います。

 

  • David Marcus氏:PayPal元社長。現在はFacebookのMessenger担当副社長。
  • Kevin Weil氏:Instagramの元製品担当副社長
  • Sunita Parasuraman氏:元財務部門の責任者

 

非常に豪華なこれら面子に加え、当然ながらFacebook社内のさまざまな部門から抜擢された多くの優秀なエンジニアが参加しています。

Techcrunchの情報によると、このチームは機密保持のため、他の従業員の立ち入りを禁止したFacebookの本社の専用エリアで仕事をしてきたとのこと。

いかにFacebookがこのプロジェクトを重要視しているのかが伺えます。

They’ve been working in a dedicated part of Facebook’s headquarters off-limits to other employees to boost secrecy, though the nature of the partnerships needed for launch have led to many leaks.

 

スポンサードリンク

 

Facebookの仮想通貨「Libra」は買える?どうやって手に入れる?取引所は?

Facebookの仮想通貨(暗号資産)を手に入れるために集められたスマートフォンの山

前項ではFacebook「Libra」に関して、その特徴をまとめました。

 

コロぽち
コロぽち
でもLibraはどうやって買えばいいんだ?
バイオさん
バイオさん
残念ながらまだリリース前だから我々一般人は手に入れることができないんです…。

 

Facebookの「Libra」は2020年の正式開始を目指して鋭意開発がすすめられているため、まだ手に入れることはできません。

2019年6月18日にLibraのホワイトペーパー(WP)がリリースされるというウワサもあるので、それが公開されたら取得方法も明らかになるでしょう。

 

ホワイトペーパー(WP)

もともとは政府や公的機関が発行する報告書で「白書」の意味をもつもの。

 

またWPが公開され次第、当記事に情報を追記していきます。

 

スポンサードリンク

Facebookの仮想通貨「Libra」の今後(将来性)に期待!

Facebookの仮想通貨Libraの将来性を見つめる人

というわけで現在までに知られているLibraの情報をまとめてみました。

これまで仮想通貨は「投資・投機対象」として見られる要素が強く、実際に何に使えるの?と考える人も多かったはず。

 

ですが近年はあのLineも仮想通貨を発行していますし、我々一般人にも「仮想通貨って実際に使えるんだ」という認識が広まってきていると思います。

FacebookのLibraによって、仮想通貨業界がさらに普及することを期待しましょう!

 

当記事が参考になったら、ぜひくりぷとバイオ(@cryptobiotech)のTwitterもフォローしてやってくださいませ。

ではではっ

 

人気記事 投資(仮想通貨・株)で収入をコツコツ増やしたい人におすすめしたい記事まとめ

人気記事 バイオ系科学者が「これは伸びる!」と期待して調査した仮想通貨銘柄まとめ

ABOUT ME
くりぷとバイオ
くりぷとバイオ
研究を一生続けていくため、まずお金の不安を解消すべく副業を始めた20代科学者。 旧帝大を修士で卒業後、大手企業で基礎研究職に従事。 研究室時代はストレスで心身を病みながらも日夜実験に取り組み、運良く筆頭著者論文を複数投稿することに成功した苦労人&棚ぼたマン(自称)。 暗号資産の面白さ・可能性に惚れこみCoinMarketCapの銘柄を全部調べた経験あり。