仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

仮想通貨全銘柄を調べてみて感じたこと&簡易将来予想【CMC編】

先日CoinMarketCapに載っている全銘柄(2079種類 2018年10月13日現在)を調査し終えたくりぷとバイオ(@cryptobiotech)です。

調査し終えたといっても一次評価を終えたに過ぎませんが、一段落ということで全銘柄を調べてみて感じたことと、仮想通貨業界の今後に関して徒然なるままに書いていきます。

仮想通貨に関して精通している方、なんとなく始めてみたけどよくわからず放置したまま…という方、これから仮想通貨を始めたいと思っている方などに読んでいただければ幸いです。

なお、あくまで予想なので参考程度に留めておいていただけると。

CoinMarketCap:仮想通貨の情報を網羅的に掲載しているサイト。

  • 日本語にも対応
  • 各銘柄のチャート、取引量、ランキングなどの情報が閲覧可能
  • 24時間でどれくらい銘柄の値段が上下したかの情報も見れる
  • 仮想通貨に興味があるなら知っていて損はないサイト

 

そもそもなんで全銘柄調べようと思ったの?

まだインフラを整えている最中だったから

理由は過去に書いた以下の記事が詳しいのでそちらを参考にしてもらえればと思いますが、簡単に言うと「まだ仮想通貨業界はインフラを整えている最中だったから」です。

今からでもこの業界への参入は間に合う!と感じました。

 

>>出川組が仮想通貨を1000銘柄調べたきっかけと調査方法。そして調べた結果何を感じたか?【実体験から振り返る】

出川組が仮想通貨を1000銘柄調べたきっかけと調査方法。そして調べた結果何を感じたか?【実体験から振り返る】こんにちは。 出川組で仮想通貨にのめり込んだバイオ系科学者、くりぷとバイオ(@cryptobiotech)と申します。 先日...

 

例えるなら仮想通貨業界は今、電車を普及させるために線路を作っている段階です。

線路を作っている間は、我々一般人が電車の恩恵を受けることはありません。

しかし完成した後にどんな恩恵を受けることができるかは容易に想像がつきます。

移動時間が短くなったり、遠いところまで簡単に行けるようになったりなど非常に便利な生活が想像できますね。

 

僕は仮想通貨業界にそれと同じような期待を抱いたわけです。

仮想通貨の根幹をなすブロックチェーン技術が普及すれば、今までではできなかったことが必ず実現するでしょう。

そんな未来の可能性を秘めた技術を見て見ぬふりするなんて科学者として有り得ない!“個人的に”思ったので、とりあえず調査を始めることにしました。

 

「なんとなく仮想通貨やってます人間」から脱却したかったから

銘柄調査を始める前の自分はこんな感じでした。

 

で、ある時はこんな感じ。

 

で、こうなる。

 

コロぽち
コロぽち
おまえ馬鹿だろwwwww
バイオさん
バイオさん
ええ…そりゃ収益を上げるなんて夢のまた夢だよね。

 

  • どれだけの銘柄があるのかすらわからない
  • 知識がなさすぎて「その銘柄と似たものがあるか?」という発想にそもそもならない
  • 「なんとなく上がる」と期待して投資した結果、大損…。
  • 仮想通貨ってオワコンなんじゃね?

ということに陥るのは単純に僕が仮想通貨に関する知識が足りないからだと悟りました。

「なんとなく仮想通貨やってます人間」が勝てるほどこの業界は甘くない。

仮想通貨を全種類評価すればそれなりにこの業界に詳しくなるだろうと考え、とりあえず調べてみるかと思ったわけです。

 

一次評価した結果まとめ

一次評価って何?どんなことができるようになるの?

詳細なやり方は前項同様、以下の記事が詳しいので割愛します。

>>出川組が仮想通貨を1000銘柄調べたきっかけと調査方法。そして調べた結果何を感じたか?【実体験から振り返る】

出川組が仮想通貨を1000銘柄調べたきっかけと調査方法。そして調べた結果何を感じたか?【実体験から振り返る】こんにちは。 出川組で仮想通貨にのめり込んだバイオ系科学者、くりぷとバイオ(@cryptobiotech)と申します。 先日...

 

冒頭でも述べましたが、僕は仮想通貨銘柄の「一次評価」を終えたに過ぎません

より簡潔な言い方をすれば「可能性があると思ったものをただ分類して拾い上げただけ」です。

 

以下のようなイメージですね。

 

最初は誰もが仮想通貨に関して詳しくないので、上図のような状態だと思います。

しかし、全銘柄を調べると下図のように業界全体を「可視化」することが可能です。

※下図のジャンルはあくまで一例です。

 

 

この「可視化」の作業こそが一次評価の概要です。

 

コロぽち
コロぽち
一次評価はなんとなーく全体像を理解する程度に過ぎないんだな。
バイオさん
バイオさん
そうそう、実はこれからが本番なんだよね。

 

全銘柄を評価して「可視化」できるようになると、今後以下のようなことができるようになると僕は考えています。(僕の中で「2次評価」の位置づけです)

 

有望そうな銘柄をピックアップできる

 

あるジャンルの銘柄数がわかり、その中でどれがベストか選べる

 

新たに登場した銘柄の将来性をより深く推察できる

上記のことができるようになるための準備が「一次評価」ですね。

これくらいのことができるようになれば、自分の投資判断力が磨かれてくると思っているのでかなりワクワクです。

 

全銘柄の一次評価はどれくらいの時間がかかるの?

ぶっちゃけ正確な時間は数えていません笑

しかし大体1銘柄を評価するのに5~10分くらい必要だったので、2079銘柄を調べるためには175~350時間くらい必要ということになります。

僕は本業をこなしながらの評価だったので3か月かかってしまいましたが、フリーランスの方なら1か月あれば全部調べ切れてしまうと思います。

 

バイオさん
バイオさん
1日12時間くらいやれば絶対に1か月かからないので、そう考えると全然不可能ではないかと!
コロぽち
コロぽち
いやいや、1日12時間、30日間も連続して銘柄調査やり続けられる奴ってそんなにいないんじゃね…。

 

実際にやってみて感じたのは、本気で仮想通貨で収益上げたい!というのであれば全銘柄評価をやってみるのがおすすめです!

 

はあ!? 全評価とかめんどくさい!

ということであれば「上位100銘柄、下位100銘柄」を調べるだけでもOKですよ。

 

伸びる銘柄と落ちる銘柄がなんとなく肌で感じられるようになるはずです。

 

僕も各銘柄のホームページを見ただけで「あ、この銘柄は面白いな/伸びないな」みたいなことを感じるようになってきていますので。

ただ「それがどんな判断指標に基づいているのか?」までは自分自身でまだ言語化できていないので困ってます…。

今後「どんな銘柄が可能性あるのか?」という記事も書けていければと思っておりますので、少々お待ちいただければ。

 

仮想通貨の銘柄はどれくらいのジャンルに分類されるの?

僕の完全なる独断と偏見になりますが、121種類に分類されます。

実際にどんなジャンルに分類されるかをこの記事で書いてしまうと、ただでさえ長文の記事がさらに長文になってしまうので別記事に分けました。

仮想通貨はどんなジャンルに関係しているのか?ご興味ある方はぜひ「仮想通貨のジャンルがどれくらいあるのか全銘柄調べて分類してみた」もご覧ください。

仮想通貨のジャンルがどれくらいあるのか全銘柄調べて分類してみた 本記事では上記のような疑問に答えます。 ✔ 本記事の内容 仮想通貨のジ...

 

この結果を踏まえると仮想通貨の根幹をなすブロックチェーン技術は、非常に多くの分野に導入される可能性を秘めていると強く感じました。

やはりこの技術を見て見ぬふりすることは惜しい。(収益も上げられるかもしれないし…)

あの1月のバブルからなんとなく参入して、バブル崩壊でなんとなく消えていった人たちは本当に惜しいことをしています

 

5年後にブロックチェーン技術が我々の生活に根付いたあたりでまたカムバックする層が増えると思いますが、その時に参入しても多分遅いですね。

いまこの業界に残っている人たちはきっと数年後に笑っていられると改めて感じたので、ぜひ諦めないで耐えていただきたい…!

 

一次評価で落選した銘柄数

調査していて「これはすでに死んでいる、将来性が無い、詐欺(SCAM)」と感じた銘柄は747種類でした。

仮想通貨の約40%の銘柄は投資すると大変な目にあう銘柄だと言い換えてもいいでしょう。

 

コロぽち
コロぽち
5個選んだら2個はヤバいってことか…。適当に銘柄選んで投資するにはちょっとリスクが高いな。

 

しかもこの数字は個人的に見て「完全に終わっていると僕が判断した銘柄」でしかなく、「更新はしているっぽいけど将来性が無さそう」とか「競合が多いジャンルだけどいまいちパッとしない」みたいな銘柄はカウントしていません。

 

バイオさん
バイオさん
僕の専門外のジャンルもあるので、その評価が正しいかどうかは何とも言えませんが。別の方が同じように全調査したら当然違う結果になると思ってます。
コロぽち
コロぽち
お前の結果だけでは再現性がないってことだな。他にそれをやった人がいればデータを重ね合わせることもできるんだろうが…。

 

そういった銘柄もカウントすると、その数はなんと1664銘柄にも上ります。

つまりCoinMarketCapにリストされている80%もの銘柄は将来性が無い or 不安ということです。

いかにこの仮想通貨業界が異常かよくわかります。

 

コロぽち
コロぽち
まあ詐欺コインを取り締まる法律もまだできていないし、インサイダーを防ぐ法律もできていないし、ぶっちゃけ詐欺し放題だしな。

 

とはいえ見方を変えると、「100銘柄のうち20銘柄はなんらかの可能性を秘めている」とも言えます。(僕の独断と偏見ですが)

そう考えると仮想通貨は闇も多いですが、けっこう可能性がある投資分野なのかなーとも思ったりしています。

 

 

全銘柄を調べてみての感想

ほとんどが将来性が見込めない or 詐欺(SCAM) or パクリ銘柄

前項でも記載しましたが、いまCMCに存在している銘柄のほとんどは将来性が見込めないコイン、詐欺(SCAM)コイン、パクリコインです。

どういう銘柄が詐欺なのか?といった情報は別記事で書くことにしますが、やはり知識を持っておくのは大事かなと改めて感じます。

 

なぜならビットコネクト(Bitconnect/BCC)みたいなポンジ・スキーム案件もまだまだこの業界には存在しているからです。

>>ビットコネクト詐欺のインドのリーダー、詐欺容疑で逮捕

ポンジ・スキーム

詐欺の一種で、日本語で言うところの「自転車操業」に近いものである。

「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、謳っていることとは異なって実際には資金運用を行わず、後から参加させる別の出資者から新たに集めたお金を以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すことで、あたかも資金運用が行われ、利益が生まれてそれが配当されているかのように装うもののこと。

引用:Wikipedia「ポンジ・スキーム」より

 

コロぽち
コロぽち
預けておくだけで年率1,000%って銘柄とか普通にあるからな。年間10倍増とか、そんなことが有り得るはずねえだろ。

 

騙されて仮想通貨やお金を失っても誰も責任を取ってくれません。

騙されてから「あの銘柄は詐欺だ!」と広めても、残念ながらあなたの元に資産は戻ってきません。

 

そうならないためにもやはり知識は大事。

しかも「誰かから聞いた知識」ではなく「自分で仕入れた知識」が大事です。

自分で調べることによって必ず「あれ、この銘柄なんかおかしいぞ…?」という感覚を身に付けることができるので、ちょっとずつ知識を身に付けていくのがおすすめです。

 

ちなみに、気になる銘柄があったら僕にコソッと聞いてくれてもOKです。

僕の知識で良ければお貸ししますので。

※ただしその知識の信憑性は保証しません笑

 

「○○分野で初めての仮想通貨」は要注意。

これは調べていてめちゃくちゃ感じたことです。

例えば「金融業界で初めての仮想通貨」とか「ゲーム市場に初めてブロックチェーン技術を導入した仮想通貨」とか。

 

“その分野で初めて”と言われると「凄い!これは期待が持てるぞ!」と思ってしまいがちですが、基本的に信じない方が良いです

なぜなら、かなり多くの仮想通貨がその謳い文句を使っているからです。

 

運営側がわざとやっているのか、競合をロクに調査していないよ!と無知さを露呈しているのかはわかりませんが、本当に有望な技術・視野を持っている運営陣であれば競合との比較は考えているはずです。

 

例えば金融系仮想通貨が新たに登場したとします。

金融系はすでに競合が多いので「金融系分野で初めての仮想通貨」は当然ありえない。

しかも後発組である以上、投資家からの支援を受けるには、競合と比べてウチはどこが優れているのか?を説明しなければなりませんよね。

それにも関わらず「ウチは金融系で初めての仮想通貨だよ!ウチらの技術は世界を変えるから注目してね!」と主張する銘柄が本っ当に多いんです。

 

コロぽち
コロぽち
マジでこんな銘柄ばっかりやで…

 

むやみやたらに「The first decentralized ○○ cryptocurrency」を使う銘柄は注意しましょう

 

「持っていれば寝ているだけで増える」の時代は終わり

全銘柄のうち80%近くが「将来性が見えないコイン」であるのを考慮すると「とりあえず単価が安い草コインに突っ込んでおけば億り人になれるんでしょ?」という発想を未だに持っている方は本当にヤバいです。

仮想通貨の中にはもう開発がかなり進んでいて、実際に我々の生活に普及し始めているものもあります。(XRPやETHなどのメジャーなアルトコインだけではなく)

 

仮想通貨も結局は「いかに我々の生活で使われるか」に尽きるので、よくわからない草コインに投資するなら、すでに普及間際の仮想通貨に投資した方が良いです。

正直メジャーアルトですら、今の相場からなら4~5倍は行くと“僕は”思っていますので。

4~5倍なら投資としてもかなり成功していると言ってよいのでは。

 

コロぽち
コロぽち
と、投資初心者のアホが申しております
バイオさん
バイオさん
disるだけのコメントはやめなさい。

 

とはいえ一攫千金を狙いたい気持ちもわかります。

100倍とか1,000倍とかが実際に起きているこの業界なので、夢がありますよね笑

 

その場合、「草コインに使う金額をあらかじめ決めておき、それを厳守する」ことをおすすめします。

例えば僕は100万円を原資にしておりまして、その中で30万円分は草コインに投じるとルール化しています。

残りの70万円はイーサリアム、ビットコインキャッシュなど無難なあたりに投資してコツコツ増やそう作戦を取っています。

攻めの投資と守りの投資をうまく使い分けていくことが良いと思ってます。

 

コロぽち
コロぽち
と、投資初心者のバカが申しております。
バイオさん
バイオさん
きみ今日ドッグフード抜きね。

 

草コインオンリーで攻めると一攫千金の可能性も高まりますが、地獄を見る可能性の方が高いと思うので「理性の範囲内」でやるようにしましょう。

 

仮想通貨テクノロジーは神の技術ではない。

この世界に存在する課題が、なんでもブロックチェーン技術で解決すると思ったら大間違いです。

いま世の中で話題になっている「AIがなんでも解決してくれる!」とか「AIがいれば人間なんて必要ない!」という極論ぐらい荒唐無稽だと思います。

 

コロぽち
コロぽち
急にAIを例に挙げてdisるのやめろよ…。
バイオさん
バイオさん
いや、だってあまりにも「夢の技術」みたいに扱われすぎているから。ただの機械学習と人工知能を区別できずに「AI」と認識している人もかなりいるし…。
コロぽち
コロぽち
(コイツたまーに毒吐くんだよな…)

 

僕が仮想通貨テクノロジーを革命的だと思っているのは、これまで評価されてこなかった人々の行動に価値をもたらすことができるようになるからです。

動画を投稿して報酬がもらえる、SNSで投稿して報酬がもらえる、投稿した記事が評価されても報酬がもらえる、運動すると報酬がもらえる、などなど。

それができるようになってきたのが仮想通貨のブレークスルーだと僕は思っておりまして、それが実現するなら「中央集権 or 非中央集権」とかどうでもいいんですよね。

 

コロぽち
コロぽち
結局「企業」が運営するか「投票で選ばれた人」が運営するかくらいの違いしかないんじゃねーの
バイオさん
バイオさん
もちろん企業の独占的運営を食い止められる可能性はありますが、一般人からしてみたらその運営方法はなんでもいいのでは?って思っちゃうよね。

 

一般人からみたら「それが自分に利益をもたらすか」しか興味はないですし、この仮想通貨業界がしきりに挙げている「GoogleやAmazon, FacebookやTwitter, Youtubeは悪!」みたいな論調はちょっとなーと感じます。

だって便利じゃないですか、これらのサービスって。

 

ブロックチェーン技術を導入しなくても良いサービスはいっぱいありますので、CMCの仮想通貨を全銘柄を調べた今、もっと俯瞰的な視点が必要な気がしています。

この業界に熱狂的にのめり込むのではなく、今より冷静に「1つの技術」として「1つの投資対象」として仮想通貨と関わっていければなあと思う次第です。

この異常な投資領域を経験した後に、バイオ株とかやってみたらどんな感覚を抱くのだろうか気になっているので、株の方にもそのうち目を向けようかと考えてます。

バイオさん
バイオさん
元々そちらが本業なので!

 

今後の将来予測(ただの個人的主観)

ブロックチェーンインフラ&プロトコル系は有望

まだまだ仮想通貨業界は整備しなければならない領域がたくさんあります。

 

  • 分散型取引所(DEX)のさらなる普及
  • ブロックチェーン技術を超えうる技術の普及(DAG型通貨など)
  • ベック通貨(基軸通貨と価格が連動した仮想通貨)の普及
  • クロスチェーン技術の普及
  • 処理速度・スケーラビリティ問題

 

ここらへんは是非ともこれから期待したいなーと思っているインフラ&プロトコル領域です。

特に取引所GOXという一番萎える事件を無くすためにも早くDEXが普及してほしいと思っております。

 

月並みな意見ですが、DEXならWAVESKyber networkあたりは期待。

今後当たりまえのように使われる取引所スタイルだと思っていますので、DEXは一通り調べておきたいです。

 

コロぽち
コロぽち
もちろんハードウォレット使っていても不正送金のリスクはあるけど、取引所GOXの被害金額と比較したら大した金額ではないよなー。
バイオさん
バイオさん
個人にとって大ダメージであることに変わりはないけどね…!

 

今は少しずつハードウォレットのタイプも増えてきているので、これからは取引所に預けていたらGOXしちゃったリスクも減っていくでしょう。

いろいろ調べていると「ブロックチェーン技術そのものが既に時代遅れ?」と示すような新しい仮想通貨も登場してきておりますので、この分野の最先端は継続してウォッチしていかなければならないとも感じています。

 

IoTと絡めた仮想通貨がこれから伸びるのでは

IoTとブロックチェーン技術はめちゃくちゃ相性が良いと個人的に考えています。

IoTは「Internet of Things (モノのインターネット化)」の略で、いまビジネスの世界ではかなり注目を集めている分野です。

 

例えば時計のIoT化はスマートウォッチですね。

時計をIoT化した結果、人々は時計をつけているだけで自らの心拍数を自動的に計測できるようになりました

>>心拍測れる健康スマートウオッチ4機種、買いは?

 

また、この心拍数データは個人情報ともリンクしているので、企業が欲しがるデータでもあります。

このデータを企業が匿名情報として取得する代わりに仮想通貨を付与するサービスを展開すれば、企業も新たな販促手段を考案できるし、我々としても普段の行動をこなしているだけで報酬が付与されるようになるかもしれません。

 

これからは「情報をいかに多く仕入れるか?」がビジネスの要になる時代です。

それゆえ、今まで手に入らなかったデータを手に入れられるようになる技術は非常に価値が高い。

 

IoTと絡めている仮想通貨は現状100種類くらいでしたので全体の5%ほどです。

まあまあ多いですが、IoTジャンル内でさらに細かく分類できる。

これから仮想通貨が普及すればするほどIoTを絡めた仮想通貨銘柄がさらに台頭してくると予想され、我々の生活に入り込んでくる可能性があります。

IoT×仮想通貨の場合は「運動すれば仮想通貨がもらえる」など実生活とリンクするものも多いので、仮想通貨が絡んでいるとわかっていないけど、その製品は使っているという無意識層を増やせるという点でも有望なジャンルでしょう。

 

匿名通貨系、SNS系、エンターテインメント系は正直お腹いっぱい

銘柄を調べていて、匿名通貨型・SNS系・エンターテインメント系は数が多すぎてあまり評価する気が起きませんでした。

  • 匿名通貨系:101種類 (全体の4.8%)
  • SNS系:109種類 (全体の5.2%)
  • オンラインゲーム/賭博系:114種類 (全体の5.5%)

銘柄ジャンルが121種類もあるのに、この3つのジャンルでCMC全体の15.5%も占めているのはやはり多い。

もちろんこれらの中でも「かなり面白い」と思うやつがいくつかあったので、それらに関してはしっかり調べます。

が、かなり類似銘柄が乱立しているので、正直これらの中で「どれが今後の世界に根付くか?」ということはちょっと予測しきれない…今は。

 

埒があかないので優先順位を落としながらにはなりますが、これら銘柄の詳細調査はいずれ機会を見て。

 

日本で一番仮想通貨を調べた男になった…のか?

過去記事にこんなことを書いていました。

どうせやるなら徹底的にやって、この記事を読んでくれているあなたから「この銘柄どう思います?」って聞いてもらえるくらいの知識人になりたい。

どうせやるなら、目指すは日本一の仮想通貨知識人です。

 

本当に日本一の仮想通貨知識人になれたかどうかはさておき、根拠のない自信はついたように感じます笑

仮想通貨銘柄の知識は大分溜まったので、これからは一次調査でピックアップした有望銘柄をさらに調べて、実際に投資しながら実績を積んでいこうと思っています。

 

あと余談で、最近気付いて絶望したのですが、仮想通貨銘柄は当然2079種類以上あります

CoinMarketCapに載っている銘柄が2079種類というだけで、例えば別の情報サイトCoinGeckoでは2884種類あるようですね。

 

コロぽち
コロぽち
なんだよたったの800種類くらいじゃん。一か月もあれば調査できるだろーが。
バイオさん
バイオさん
800種類という数値をそう軽く見てもらっては困る…!

 

CoinMarketCapに載っている銘柄を全部調べたという事実に相違はないですが、まだまだ先は長い…笑

まあとりあえずCoinMarketCapに追加されていく最新銘柄は情報を追っていこうと思っていますので、時間がある時にCoinGeckoの方も差を詰めていければと!

 

次は仮想通貨の技術面にも知識を深めていければと思っています。

これからも皆さんに有益な情報を提供できるように尽力して参りますので、今後ともよろしくお願いします!

 

というわけで本記事は以上になります。

ただの日記のような感じになってしまいましたがご容赦ください…。

それでは!

 

バイオさん
バイオさん
なんか「かそうつうか」を変換しようとすると「カオス通貨」って変換されるんだけどどうして?
コロぽち
コロぽち
そりゃお前がそもそもカオスってことと、仮想通貨そのものがカオスってことをPCが学習してるからだろ
バイオさん
バイオさん
・・・・・・