仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

Twitterを使ったプレゼント企画を支援するサービス「あたるぞ」の使い方と既存サービスとの比較

こんにちは。

最近「晴れ男」の力を失いつつある@ResearchKasouです。

最近Twitterを使った様々なプレゼント企画が行われているのはご存知ですか?

こういったものです。

 

https://twitter.com/admen_vc/status/990562645517332485

https://twitter.com/bitcoinseeker/status/991756556373975040

 

 

これ、面白いな~と思って、自分もやろうと思っていました。

ただ「どうやってやるのか?」を調べていなかったので、ずっと頭の中にとどまっているだけで、実際にはできていませんでした。

そんな時、こんな新しいサービスが登場したとのツイートが。

 

 

その名は『あたるぞ

よくわかりませんが、あたりそうですね笑

せっかくの機会なので、プレゼント企画をやってみたい方に向けて、このサービスを色々調べてみました!

 

『あたるぞ』とは?

プレキャン詐欺撲滅を推進する一環として開発を始めた、あたれらの後継を目指すツイッターを使ったプレゼント企画を支援するサービス

引用元:『あたるぞ』トップより

作成者@iNaGoBotTrader 

提案者@bitcoinseeker 

 

従来サービス『あたれら』の課題点

いまTwitter上で使われているプレゼント企画のサービスとして、『あたれら』というものがあります。

この『あたれら』の課題点はこちら。

※誤解がないように補足すると、「あたれら」がダメというわけでは決してありませんよ!

RTは1500件までしか取得不可

RTが1500件を超える場合は、また新しく別のツイートで投稿するしかありません。

この場合、必ず複数応募する方がどうしてもでできてしまいます。

「あれ、確かこれ応募したはずなのにな…?」とか

「お、もう一度募集開始してるぞ、これで当選率2倍だ!」とかですね。

 

RTが100件を超えた場合、1週間前のRTまでしか取得不可

RTの数が100件を超えて、応募期間が1週間以上に設定されていると、せっかく我先にと応募した人たちはRTが反映されなくなります。

仮想通貨のプレゼント企画だったら3日~1週間くらいで良いと思うですが、仮に「自分が開発した商品」をプレゼントしたい!

ということであれば、長めに設定しておきたいというニーズもありますよね。

 

現在実施中のプレキャンをまとめて見れない

いまこの時点で「誰が、どんな、プレゼント企画をしているか?」をまとめてみることができません。

#あたれら で検索すれば探せますが、それをいちいち自分が探すのは時間の無駄では?

って思う人が多いから、多分調べられていないはず。

 

従来のプレゼント企画に対する不満

こういったプレゼント企画には僕も定期的に参加しています。

なぜなら「無料で仮想通貨やクーポンが手に入る」から。

こういうプレゼント企画って基本的には「RT&フォロー」で参加できるからとっても参加しやすい。

しかももらえる額が10000円相当と多かったりするので「とりあえず参加しておくか」というノリで参加しがち。

 

でも、いつも疑問に思うことが。

 

これ、自分のフォロワーを増やすために企画だけして、プレゼントはしていないんじゃないの?

 

です。

 

これ詐欺ですよね。(Twitterはそういう人もいるから…と諦めてもいいんですけど…)

自分のフォロワー増やすためだけにこういう企画をする人は全力で排除されればいいと思っています。

 

でも、この『あたるぞ』はそんなプレキャン詐欺撲滅を目的につくられたサービスなので期待が持てます!

(やっぱり実際にそういったプレゼントするする詐欺が横行しているわけですね…。)

 

『あたるぞ』の良い所

利用料は無料

これは「あたれら」も同じですが。

現在はβ版なので、個人企画者は完全無料とのこと!

正式サービス後も広告収入で運営して個人利用は無料にしていく予定。

楽しみですね!

 

一週間以上のキャンペーン企画が可能

「あたれら」とは一線を画す強み。(ただしデータ最新化の必要あり)

  • 一週間以上のキャンペーン
  • 大規模なリツイートが見込まれるキャンペーン

は、今後「あたるぞ」が一般的になるかも?

 

ハッシュタグのみを検出対象としてツイートを収集可能

今まではリツイートを検出対象としてツイートを収集していたようですが、ハッシュタグのみでツイート収集が可能とのこと。

 

Twitter以外からのも参加者の流入が見込める

「あたるぞ」のトップページにはプレキャン一覧が表示されているため、このサービスが育てば「あたるぞ」とGoogle検索するだけで現在のプレキャン一覧が見れるようになります。

これでプレキャン一覧を見逃す心配も無くなりますね!

 

参加者のTwitter登録日時によるフィルター除外が可能

こういうプレゼント応募企画があると「複数アカウント」を大量に作って応募してくる人がいます。

このサービスでは、そういう人を「アカウント登録日時の指定」ではじくことができます。

例:企画後に作成されたアカウントは抽選から自動除外、など

 

 

『あたるぞ』使用方法

1. まずTwitterでプレキャン告知

https://twitter.com/ResearchKasou/status/991887844372242433

この記事を書くために企画しました笑

 

2. あたるぞホームページから「企画者ログイン」をクリック

 

3. 「連携アプリを認証」をクリック

 

4. マイページ「新しいプレキャンを登録する」に告知ツイートのURLを入力

 

5. 開始日、終了日、プレキャン総額を記入

6. 「当選商品情報」を記入

僕の場合は、

  • 当選商品:「ビットコインキャッシュ(BCH) 2000円×5名」
  • 当選者数:「5」

を「#1」に記入しました!

 

7. 「リツイート取得の検索ワードの指定」に検索ワードを記入

ハッシュタグでも検索できるようになりますが、自分のリツイート拾ったほうがノイズが少なると思うので「リツイートを取得」にしました。

「保存」をクリックして登録完了です!

 

8. マイページに追加されたのを確認!

こんな感じで追加されたら完了です!

お疲れ様でした(/・ω・)/

 

9. あたるぞホームページで自分の企画を確認

登録が完了したら、googleなどで「あたるぞ」と検索して、あたるぞトップページに自分の応募が正しく載っているかを確認しましょう!

 

 

無事に載っていますね!(∩´∀`)∩ワーイ

 

最後に:こういったプレゼント企画が好きじゃない方へ

多分TwitterのTLにいる方々の中には、きっとこういう企画が好きじゃない方もいらっしゃると思います。

 

  • 投げ銭してまでフォロワーを獲得したいと思わない
  • 自分の実力でフォロワー獲得できないやつらの無駄なあがき、自己満
  • こういう企画は詐欺が多いし、企画に応募するだけ無駄
  • 「仮想通貨応援企画」とかいって自分のフォロワー増やしたいだけだろ、偽善者め。

 

などなど。

気持ちはめっちゃわかります。

僕も正直そう思われてもしょうがないか…と思いながら今回企画しました。

ただ、僕はこう思っています。

 

ユーリ・ロックベル 鋼の錬金術師

漫画 鋼の錬金術師 第15巻 第58話 破滅の足音」 29ページあたりに、

ユーリ・ロックベルという名の医者が患者を治療するシーンで、

怪我をした男「人助けして点数稼ぎか!? 偽善者め!!」
ユーリ医師「偽善で結構! やらない善よりやる偽善だ!

引用元:「鋼の錬金術師 第15巻 第58話 破滅の足音」
「やらない善よりやる偽善」の元ネタは1992年フジテレビ野島伸司脚本ドラマ「愛という名のもとに」より

 

です。

仮に企画者が本当に偽善者だったしても、

 

もらいたい方は、応募してもらっておけばいいんです。(繰り返しになりますが、やるやる詐欺マンは滅せよ)

 

そんな企画嫌い!という方は、その企画者をフォロー外す・ミュートして、金輪際その企画者を自分のTLに表示させなければいいんです。

 

もちろん企画だけしてプレゼントしないのはNGですよ!!(ほんと繰り返しになりますが、やるやる詐欺マンは滅せよ)

 

まあTwitterは自由な場ですし、自分が思ったこと・やりたいこと・嫌だと思ったことなどに関して、自分に正直に生きれば良いと思います。

 

人の意見に善・悪の明確な定義なんてないですから。

 

ただ、プレゼント企画の文化が流行るのは個人的にウェルカムです!

どんどん自分のあげたいものを皆にプレゼントしちゃいましょう( *´艸`)

 

それでは、また!

(みなさん、僕の企画応募してね…!切望)

 

参考文献

この記事を作成する際には、以下の記事・サイトを参考にさせていただきました。

この場を借りて深く御礼申し上げます。

あたるぞ ってなに?

あたれら[atarela] – Twitterプレゼント企画お手伝いツール

プレゼント企画必須ツール『あたれら』とは。1分で抽選出来る使い方も紹介

「やらない善よりやる偽善」の元ネタは1992年フジテレビ野島伸司脚本ドラマ「愛という名のもとに」