あなたに役立つ理系就活情報はこちら
               

なぜTwitterのプレゼント企画であなたは当選しないのか?

○ツイッタープレゼント企画って平等なの?
○当選しやすいアカウントの特徴ってあるの?
○逆に当選しにくい特徴があったら教えて!

 

本記事では上記の疑問・要望にお答えします。

 

本記事の内容

  • ツイッタープレゼント企画に「完全平等」はない
  • 応募しても当選しにくいアカウントの特徴

 

企業で研究職に従事しながら、副業で投資やブログを手掛けるくりぷとバイオ(@cryptobiotech)と申します。

これまでに仮想通貨のプレゼント企画を複数回企画し、実際にプレゼントしてきました。

 

https://twitter.com/cryptobiotech/status/991887844372242433?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E991887844372242433&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.cryptocurrency-bioresearch.com%2Fwp-admin%2Fpost.php%3Fpost%3D1383%26action%3Dedit

 

この記事では、実際にプレゼントする側になってみてわかったことを書いていきますね。

 

  • こういうのにいつも参加しているけど、全然当たらないじゃん!
  • 本当に当選する人なんているの?

 

あなたも上記のようなことを思った経験があるのではないでしょうか?

この記事を読めば「プレゼント企画側が考えていること・本音」がわかりますので、それを踏まえて当選率を上げることができますよ。

 

この記事は2~3分でサクッと読めます。

 

ツイッタープレゼント企画に「完全平等」はない

不平等を表す天秤

まず大前提をお伝えいたしますが、ツイッタープレゼント企画は不平等です。

その理由は以下の通り。

  • 企画者は自分にとってもメリットになる選択をする
  • 同一人物が複数アカウントで応募することが可能

順々に説明しますね。

 

企画者は自分にとってもメリットになる選択をする

メリットがあるプレゼント企画

プレゼント企画者は何らかの意図を持って実施しています。

フォロワーを増やしたい、という理由が1番可能性高いんじゃないでしょうか。

僕自身もその意図は間違いなくありますので。

 

コロぽち
コロぽち
たまに「皆さんへの日頃の感謝を込めてプレゼント企画します!」とか言っておきながら、参加条件がそのアカウントフォロー&RTだったりするよな。
バイオさん
バイオさん
ちゃんとプレゼントするだけマトモだと思うよ。

 

自分の企画を通して世界の誰もが幸せになってほしい…そのためだったら自分が持っている資産は全部平等にプレゼントしますよ!!!!!!!

みたいな自愛の心でプレゼントする人は皆無だと思っておいた方が無難です。

 

僕自身は以下のような理由でTwitterプレゼントを企画しています。

  • フォロワーさんを増やしたい
  • 自分の専門領域(科学、仮想通貨、サラリーマン)での繋がりを強化したい
  • 日頃の皆さんへの感謝を込めて

ゆえに僕が企画するプレゼント企画は科学、仮想通貨、サラリーマン関連のアカウントになりやすいです。

平等じゃないとおかしいだろ!という意見も確かにわかります。
しかし後述しますが「完全平等」は応募者側の都合で不可能です。

これを踏まえてあなたが知っておくべきことは「プレゼント企画者と関連性が薄いジャンルで情報発信している場合は当選確率が低くなる」ということです。

 

仮想通貨プレゼントが欲しいのなら普段から仮想通貨関連のツイートをする

サラリーマンへのプレゼント企画が欲しいなら仕事ツイート・業務に関連するツイートをする

 

ツイッタープレゼント企画者は、当選者にするアカウントのツイートを精査していることを知っていましたか?

 

コロぽち
コロぽち
え…そうなの?なんかストーカーみたいで気持ち悪くね?
バイオさん
バイオさん
少なくとも僕はだけどね。実はそうせざるを得ない理由があるんだよ…

 

なぜ企画側は当選者のアカウント情報やツイートを精査する必要があるのでしょうか?

次項で説明しますね。

同一人物が複数アカウントで応募することが可能

複数のアカウントでツイッタープレゼント企画に応募する人

ツイッタープレゼント企画が「完全平等」にならない理由は、企画者側の思考がひねくれているからではありません。

同一人物が複数のアカウントでプレゼント企画に応募できるからです。

 

例えばの話ですが、仮に1人で500アカウント持っていて(全てプレゼント応募専門アカウント)一度に応募してきたらどうなるでしょう?

冒頭で僕が実施したプレゼント企画に参加してくれた方は「600名」ほどです。

 

この条件で企画側が「完全ランダム」に当選者を選んだら、その悪意のあるユーザーの当選確率は「80%」ですよ。

しかも今回の企画は「5名」にプレゼントなので、一人でこの企画を総取りできる可能性だってある。

 

そんなふざけた話があってたまるかってんですよ!!!( ゚Д゚)オコ

 

しかも複数アカウントで応募してきても、企画側からそれを判別する手段がありません。

色々と本気で調べれば同一アカウントかどうかはわかるかもしれませんが、ぶっちゃけそんなことに時間を割くほど暇ではありません。

「できるだけ平等を目指すプレゼント企画者」ほど「恣意的に」当選者を決定しなければならない。

という矛盾を生じるのがプレゼント企画なので、不平等にプレゼント当選者が決まる事実は今後も変わらないでしょう

 

しかし、そんな不平等のプレゼント企画でも実際にプレゼントに当選する人はいます。

僕がプレゼントをあげたくなるアカウントの特徴は別記事に譲りますが、今回は「このアカウントは当選しないな」という特徴をまとめます。

 

ツイッタープレゼント企画で「このアカウントは当選しないな」と思う特徴

RT専用、プレゼント専用アカウントで応募している

複数アカウントでプレゼント企画に募集するピエロ

アカウント情報には大したプロフィールが書かれておらず、ツイート内容もプレゼント企画をリツイートしているだけ。

こういうアカウントは極端に当選率が下がります。

 

なぜなら企画者はこういったアカウントに以下のようなことを感じているからです。

  • このアカウント、プレゼント企画のRTしかしていなくて印象悪いな…。
  • このアカウントが当選しても、連絡が返ってくるかわからないな…。
  • どんな人かわからないから、「もっとよこせ!」とかいちゃもんつけられそうで怖い…。

 

素性が全くわからない相手にコンタクト取ることがどれだけ怖いか、想像してみてください。

現実世界だって「たまたま目を合っただけでいちゃもんつけられて、殴られて大けが」とかあるじゃないですか。

たまたまとはいえ、素性が全くわからない相手と一瞬でもコンタクト取ってしまった結果ですよね。

もちろんTwitterで殴られることはないですが、コンタクト取ったせいで何かいちゃもんつけられて、あられもないデマを広げられたりするかも…と頭をよぎるんです。

そういう相手とはコンタクトを取らない方がこちらは安心なので、当選者として選ぶことはありません。

プロフィール情報が乏しい

プロフィール情報が乏しくて当選者の選別に悩む人

上記に似ていますが、やはりプロフィール情報は大事だなと思います。

しっかりその人の背景が理解できるようなプロフィール文があるとこちらも安心してコンタクトが取れますので。

 

  • その人の素性が伝わってくるプロフィール
  • その人の価値観がわかるツイート内容
  • どんなフォロワーさん達と繋がっているか?

 

といった情報を、僕は当選者を決める際に精査しています。

 

コロぽち
コロぽち
うへえ…お前も真面目だなあ。適当にプレゼントしちゃえば楽なのに。
バイオさん
バイオさん
せっかくならしっかりツイッターを使っている人にプレゼントしてあげたいからね。

 

あと、プロフィール画像が無いアカウントはそもそも当選者の選択肢に入りませんので、悪しからず。

アクティブユーザーじゃないのかな?と思われると当選確率がガクッと下がるので、まずはしっかりとしたプロフィール情報を設定しましょう!

他者に暴言を吐いていることが多い

他人に暴言ばかり吐く人

Twitter上で他の人に異常なほどからんだり、いちゃもんつけたりするアカウントの場合は当選対象から外しています。

暴言の定義は人によって様々だと思いますが、少なくとも「こちらが読んでて不快になるツイートを繰り返しているアカウント」は予防線を張りますね。

 

バイオさん
バイオさん
正直、そういう人とは関わりたくないので…怖いし
コロぽち
コロぽち
よくもまあ、そこまでネット上の相手に怒れるよな。

 

人間なので価値観の違う相手に不満や批判をぶつけたくなる気持ちもわかります。

でも常に攻撃する相手を探して、「こいつは!」と思ったら攻撃しまくるアカウントはいかんと個人的には思います。

怖いし…泣

 

ツイッタープレゼント企画での当選確率は挙げられる

ツイッターでのプレゼント企画

ツイッタープレゼント企画者も「人間」なので、当選者に偏りが出てしまうのはしょうがないです。

逆を言えば、しっかりTwitter上で活動していて、かつ有用な情報を提供しているアカウントは当選確率が上がるということでもあります。

この機会にツイッターのアカウント情報などを一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

それでは当記事は以上になります。

余談ではありますが、企画を実際にやってみて「このプレゼント企画はフォロワー獲得のための詐欺なんじゃ…」という特徴も見えてきたので、また別記事にてご紹介しますね。

それでは、また!

 

 

➤こちらの記事も読まれています

自分もプレゼント企画をやってみたい!という方はこちらの記事をどうぞ。

「あたるぞ」は初心者の方でも簡単に使えるのでオススメです。

Twitterを使ったプレゼント企画を支援するサービス「あたるぞ」の使い方と既存サービスとの比較

Twitter抽選ツール「あたるぞ」の使い方と「あたれら」との比較○ツイッターで流行っているプレゼント企画って皆どうやってやってるの? ○プレゼント企画を簡単にできる抽選ツールがあるなら知りたい ○...
ABOUT ME
くりぷとバイオ
くりぷとバイオ
研究を一生続けていくため、まずお金の不安を解消すべく副業を始めた20代科学者。 旧帝大を修士で卒業後、大手企業で基礎研究職に従事。 研究室時代はストレスで心身を病みながらも日夜実験に取り組み、運良く筆頭著者論文を複数投稿することに成功した苦労人&棚ぼたマン(自称)。 暗号資産の面白さ・可能性に惚れこみCoinMarketCapの銘柄を全部調べた経験あり。