仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

「あたるぞ」のプレゼント企画をやってみた結果どうだったか? 感想と予想外だったことを紹介!

こんにちは。

海外仮想通貨取引所coinexchangeで不規則に鳴る「フォンッ」って音をBGMにしながらバイオ系論文を読んでいる@ResearchKasouです。

あの音、なんか好き( ゚Д゚)

さて、今回は始めて以下の仮想通貨プレゼント企画を実施して、無事当選者も発表できたので、実際にプレゼント企画をやってみてどうだったかを包み隠さず紹介します!

 

https://twitter.com/ResearchKasou/status/991887844372242433

 

  • フォロワーさんの数が約5倍増えました
  • でも増えたフォロワーさんの半分以上は「プレ垢」「RT専垢」「ROM専垢」など
  • プレゼント企画に「完全平等」はない、と実感
  • プレゼント企画者も「人」で、その企画に対して様々な思いを持っている

 

結果:フォロワーさんが約5倍増えました

この企画を発表する前の僕のフォロワー数は150名ほど。

で、2018年5月12日現在のフォロワー数は783名。

 

約5倍増えました…驚

 

仮想通貨の盛り上がりが異常ということは存じ上げていましたが、まさかここまでとは…( ゚Д゚)

 

 

考察:プレゼント企画の結果を振り返る

今回増えたフォロワーさんの特徴

初めてやって思ったのは、「プレゼント応募専用垢」「RT専用垢」「ROM専垢」「同一人物による複数垢」からの応募がとても多かった。

 

多分、今回増えたフォロワーさんの半分以上はそういったアカウントであると言っても過言ではありません。

 

プレゼント企画での「完全平等」は破綻している

上記の応募パターンからお分かりのように、企画者は「複数垢」を利用した「同一人物からの複数応募」を見破ることができません。

この時点で「完全ランダムによる選考」は、当選率に違いを生むことになります。

例えば、1000人応募があったうち10人が同一人物による垢だったら、1つの垢で応募してくれた人と比べて当選率10倍ですからね。

 

Twitterをどう使うかなんて個々人の自由なので、複数垢で応募してくることは別にどちらでも良いと思います。

が、僕は個人的にそれを「ズル」だと思っています。

そういう人たちにプレゼントしてしまうと、それこそ本気で仮想通貨が欲しい!と思って“活動している”方々の気持ちを無下にしてしまう…そんな気がしたんです。

 

ですので、そういうアカウントは今回のプレゼント企画には不向きでした。(他の方のプレゼント企画ではわかりません)

 

「企画者としての本音」と「今回の当選者決定方法」

で、企画者としての本音を言うと、こういった無機質なアカウントよりも「人として活動していることがわかるアカウント」にプレゼントしたいと僕は思っています。

 

したがって今回は、批判覚悟でこんな感じに当選者を選抜しました。

 

  1. RT全体から「あたるぞ」で当選者を選ぶ
  2. 選ばれた当選者のTwitterをよく見る
  3. 「人」として活動しているか(プレゼント企画応募用アカなどは除外)
  4. 除外された分、もう一度「あたるぞ」で選ぶ
  5. 「人」として活動していると思われるアカウントが5人揃ったら終了
  6. 当・選・発・表!( ゚Д゚)

 

「いやいや、完全平等で選ぶべき!」

「おまえの主観でアカウントをはじくのはおかしいだろ!」

「はじかれた人の気持ちも考えろ!」

 

おっしゃることもわかります。

でも、僕はただ仮想通貨をばらまくのが目的ではなくて、

 

  • Twitter上で交流できる人をもっと増やしたい
  • 仮想通貨にもっと興味を持つ人が増えてほしい

 

という想いでこの企画を実施しています。
(そもそも1万円という大金ですよ…この企画…)

 

人間味が感じられない「プレ専垢」などはそもそも交流したくてもできないじゃないですか…。

こちらからはどんな人か判別不可能ですし…。

当選者にしても、連絡が返ってくるかそもそも疑問です…。

 

まとめ:プレゼント企画を実施しているのも「人」です

プレゼント企画をする人の信念は千差万別ですが、少なくとも僕はズルする人間が報われるようなプレゼント企画には絶対にしたくない、と思っています。

僕も感情を持った人ですので、そこはね。

 

とはいえ、今回はとても良い経験になりました。

これからも僕が仮想通貨で得た利益の一部を、こういう企画に使っていきます!

仮想通貨をやる人が増えればこの業界はもっと活性化して、よりこの技術の普及が進みますからね!

 

今回応募してくださった皆さん、本当にありがとうございました(*´▽`*)

また企画するのでお楽しみに!

 

 

こちらの記事も読まれています

実際に自分もプレゼント企画をやってみたい!という方はこちらの記事をどうぞ。

Twitterを使ったプレゼント企画を支援するサービス「あたるぞ」の使い方と既存サービスとの比較こんにちは。 最近「晴れ男」の力を失いつつある@ResearchKasouです。 最近Twitterを使った様々なプレゼント...