仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

BinanceのAnti-Phishing Codeを設定しよう!【ザ・セキュリティ向上】

この記事では海外仮想通貨取引所Binanceが提供するセキュリティ向上手段の1つ、

Anti-Phishing Codeの設定方法に関して解説します。

 

こちらを設定していただくことで、Binanceを騙る詐欺メールやフィッシングメールに引っかかる可能性を減らすことができます

 

え~設定大変なんでしょ?と思われるかもしれませんが、

数クリック&入力するだけで設定できるので時間としては1~2分くらいです。

 

Binanceは仮想通貨を扱う上で外せないといっても過言ではないと取引所ですので、

この記事に書かれていることを試して、ぜひセキュリティのレベルを上げておきましょう!

 

当記事に書かれている内容はBinanceに口座を開設している方向けです。
まだ口座開設していないよ!という方は以下のリンク先から登録しておきましょう!

 

Binance公式ホームページ

 

※詳しい登録方法に関しては以下をご覧くださいね。

>>【仮想通貨】海外取引所Binanceの登録→2段階認証までの流れを紹介!

【仮想通貨】海外取引所Binanceの登録→2段階認証までの流れを紹介! 分散型取引所(DEX)の開発を進めていると発表した中国の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)。その登録方法と2段階認証まで...

 

Anti-Phishing Codeとは?

Anti-Phishing Code(アンチフィッシングコード)とは、フィッシング対策のためにBinanceが提供しているセキュリティコードのことです。

 

参考情報

フィッシング (Phishing) とは、金融機関 (銀行やクレジットカード会社) などを装った電子メールを送り、住所、氏名、銀行口座番号、クレジットカード番号などの個人情報を詐取する行為です。

電子メールのリンクから偽サイト (フィッシングサイト) に誘導し、そこで個人情報を入力させる手口が一般的に使われています。

引用元:フィッシング対策協議会

 

仮想通貨業界でありそうなのは、

Binanceのような仮想通貨取引所をうたった偽メールを口座保有者に送り、ログインパスワードや秘密鍵の情報を偽サイトに入力させる…

それによって得られた情報を利用して取引所に保管している仮想通貨を不正送金して自分のものにする。

といった手口が考えられますね。

 

Binanceではそれを防ぐために興味深いセキュリティ向上手段を提供してくれており、

これをしておくことでフィッシングに引っかかる可能性を減らすことができます

 

○え~でも、めんどくさそう…。
○今まで一回も盗まれたことないし、別にいいかな…。
○やり方もよくわからないし、まあいっか。

 

と思っているあなた、実はこの設定は1~2分で終わります。

カップラーメンにお湯を注いで待っている間でもサクッとできてしまうので、ぜひ次項のやり方を見ながら設定してみてください。

 

Anti-Phishing Codeの設定方法

まずBinanceの公式ホームページに移動しましょう。

 

Binance公式ホームページ

 

画面右上に人型のマークがあるので、そこにカーソルを合わせると「Account」という画面が表示されるのでそれをクリック。

 

 

Account画面で「Anti-Phishing Code」という箇所があるので「Setting」を押しましょう。

 

 

Anti-Phishing Codeの欄に4~20ケタの半角英数字を記入しましょう。

記入が済んだら「Submit」をクリック。

コロぽち
コロぽち
このときのコードはどんなやつが良いんだ?
バイオさん
バイオさん
僕は自分に馴染みが深い英数字を入力したよー。
忘れなければなんでもOK!

 

 

事前に設定した2段階認証コードを入力しましょう。

ここではGoogle Authentification Codeを例にしています。

 

「Anti-Phishing Code」が「Change」に変更されていたら設定は完了です!

 

 

この登録が済むと、Binanceから送られてくるメールには以下のようなCodeが記載されるようになります。

コロぽち
コロぽち
なるほど、Binanceからメールが来たとして、このCodeが書かれていなければニセモノと判断できるわけね。
バイオさん
バイオさん
そうだね。単純だけど良いセキュリティ強化だと思う!

 

 

仮想通貨を扱う方はセキュリティをしっかりしよう!

仮想通貨のセキュリティキー

というわけで本記事は以上になります。

仮想通貨業界は未だ詐欺などが多く、常に新しい詐欺やフィッシングが登場しています。

こういったセキュリティ対策は「めんどくさい…」とか「やらなくてもまあ大丈夫でしょ!」と思いがちですが、万が一が起きてからでは取り返しがつきません…。

その万が一を起こさせないためにも、いまのあなたの1~2分を使ってあげてくださいね。

 

 人気記事  Bibox(ビボックス)の口座開設方法【2~3分でサクッと登録】

 人気記事   bitbankからTREZORにBitcoinCash(BCH)を送れない際の対処法