仮想通貨の全銘柄評価結果はこちら!
               

BEAT(ビート) | スポーツによる新たな健康市場を創出する仮想通貨の特徴、将来性、購入方法など 【徹底解説】

スポーツをして健康になるほど報酬(トークン)がもらえる仮想通貨「BEAT」に関して特徴・将来性・購入方法などをまとめました。

BEATはどんな仮想通貨なのか、プロダクト(製品)や口コミ・評判に関しても記事にしておりますので是非ご一読ください。

 

当記事をお勧めしたい方
  • スポーツやトレーニングに興味がある方
  • 健康になりつつ、収益も上げたい方
  • マイニングで健康系・スポーツ系トークンを稼ぎたい方
  • ブロックチェーン技術がもたらす世界の一例を知りたい方

 

 

BEAT(ビート)の3行まとめ

記事の要約
  • スポーツやトレーニングをするほど報酬(トークン)がもらえる仮想通貨
  • 自らのスポーツ実績データなどを企業に売買できるシステムも提供
  • スポーツするほど保険料が下がる保険会社も設立予定!?

 

 

BEAT(ビート)とは?

BEAT(ビート)はブロックチェーン技術を用いて健康データやスポーツデータに価値を付与する仮想通貨です。

スポーツやトレーニングをすればするほど仮想通貨がもらえるサービスとお考え下さい。

日本で言えば健康フィットネスアプリに「Runkeeper- GPS ランニングトラッカー」や「Runtastic Results 自重トレーニング」などがありますが、それに仮想通貨が融合したようなものです。

 

コロぽち
コロぽち
報酬がもらえるなら運動嫌いなオレでも運動する気になるかもな~
バイオさん
バイオさん
(白衣のボタンを締められなくなったその体、早くなんとかした方がいいよ…)

 

 

BEAT(ビート)の基本情報

通貨名 BEAT
公開日 2018年1月(Twitter開設月)
再発行枚数 5,000,000,000枚
通貨システム ERC20
ICO Rated 4.5 / 5.0
ホワイトペーパー こちら
簡易ホワイトペーパー こちら
Twitter https://twitter.com/beattoken
Facebook https://www.facebook.com/BeatToken
Medium https://medium.com/beattoken
Telegram https://t.me/beattoken
公式サイト https://beat.org/

 

 

BEAT(ビート)が考えるスポーツ・健康市場の課題

人々は膨大な健康データをうまく活用できていない

スポーツや健康関連で毎日生み出されるデータ数は数十億にもなり、2019年には世界中のモバイル健康市場は37億ドルにも及ぶと試算されています。

しかしこの業界は膨大な健康データをうまく活用できておらず、時として個人データの漏えいなどセキュリティの問題も浮上します。

また、スポーツジムなどの施設で蓄積された個人データは別の施設では活用できないことから、自分のデータなのに自由にそれを使えないという課題もあります。

 

健康データの需要だけが増していて供給が追い付いていない

昨今は先進国を中心にスポーツ・トレーニングをする人口が増加しつつあるため、企業も商品販促を目的に一般人の健康データを収集するようになりました。

しかし一般人のデータを効率よく手に入れる or 購入するプラットフォームはこれまで存在しなかったため、それを可能にする次世代プラットフォームが望まれていました。

 

 

BEAT(ビート)の特徴

スポンサー制度の普及によるスポーツ・健康市場の促進

いまスポーツでお金を稼ぐことができるのは、プロスポーツ選手やオリンピック選手など限られた人だけです。

もちろんスポーツを通じたダイエットなどで一気に注目を浴びたりする方もいますが、それはダイエットが注目されているのであって、スポーツそのものの実力で注目を浴びているわけではありません。

もしスポーツをやる多くの人々にもっとスポンサーがつくようになれば、スポーツをする人口が増え、それによりスポーツ関連用品・アプリも売れるようになります。

それは結果的にスポーツによって健康的な生活を送る層を増やすでしょう。

 

 

BEAT(ビート)はプラットフォーム上で簡単にスポンサーになれるシステムを提供します。

たとえばBEATトークンを「今度のマラソン大会は当ブログのロゴが入ったランニングウェアを着て走ってください!」と、スポンサーになってあげたい人にあげることができます。

また、ブロックチェーン技術の良い点は「スポンサーになった/なってもらった記録」を改ざん困難なネットワーク上に保管できることですので、あの時○○さんのスポンサーになったんだよーという事実も周知しやすくなります。

 

個別化された広告

BEATプラットフォーム上で健康・運動・個人などの各種データが蓄積されてくれば、個々人に最適な広告を表示することが可能になります。

あなたも普段自分に関係ない広告が表示されても興味を示していないはず。

 

コロぽち
コロぽち
たとえばサッカーしている人にバスケの広告を表示させたとしてもあまり意味がないということだな
バイオさん
バイオさん
サッカーにはサッカー関連の表示をするのが一番効率的だよね

 

個々人に最適な広告を表示することができれば、広告を見てもらう可能性が高まりますし、見た人にとっても有用な情報が得ることができるから一石二鳥ですね。

 

健康な生活を送る被保険者に報酬を与える保険会社

BEATプラットフォームを活用すれば、病気をせず健康な生活を送る人に報酬(トークン)を与えることも可能です。

たとえば今でも自動車保険は無事故期間が長いほど月々の保険料金が安くなりますよね。

BEAT運営はこれと同じようなことを健康保険でもやろうと考えています。

 

ただ、自動車保険の「無事故期間」のように「健康期間」という定義はしにくい

なぜなら肥満の人であっても健康な人と同様の生活を送ることが可能だからです。

したがってBEAT運営が考える保険料削減の定義は「運動すること」としています。

BEATが提供するアプリを使えば当然どれくらい走ったか?どれくらい筋トレしたか?といった情報を記録することができるので、それを元にBEATトークンを付与する=保険料が安くなっていくわけですね!

 

コロぽち
コロぽち
運動すればするほど保険料が安くなっていくというのは面白そうなシステムだな。
バイオさん
バイオさん
運動だけでなく「健康診断で異常がなかったらボーナスでトークン付与」ということもできるだろうし、アイデア次第で色々できそう。

 

医学研究と発展のサポート

科学の世界には「スポーツ科学」という分野があるのはご存知ですか?

たとえば以下のようなことが挙げられます。

 

  • より持久力を高めるためのサプリメント開発に向けた研究
  • より効率よく筋肉をつけるためのプロテイン開発に向けた研究
  • 最高のパフォーマンスを発揮するための睡眠研究
  • 疲労度を数値化していくれるウェアラブルデバイスの開発研究

 

こういった研究を推進するには「一般人の協力」が不可欠なんです。

プロテイン開発なら筋トレしている方に飲んでもらう必要がありますし、睡眠研究なら寝てもらわないといけない。

ウェアラブルデバイスなら何か月も装着してもらう必要があるかもしれない。

BEATトークンは研究に参加してくれたボランティアの方々への報酬という形でも活用できるわけですね。

 

個人の健康データを売買できるシステム

あなたは「個人の健康データが売買できる」システムを今までに知っていますか?

たとえば健康データとは以下のようなものです。

 

  • ランニング・ウォーキングデータ
  • 筋トレデータ
  • 健康診断データ
  • スポーツしたという事実を示すデータ

 

こういったデータは今まで個人がapp(アプリ)で保有しているだけで、他人に渡すことを考えた人はほとんどいないはず。

 

コロぽち
コロぽち
そりゃそうだろ、人にあげてメリットになる情報でもないしな。
バイオさん
バイオさん
本当にそうかな?企業はこういった一般人の健康データが欲しくてたまらないんだ!

 

BEATプラットフォームでは「個人の健康データを企業などに売買できるシステム」が実現されます。

個人の健康データは企業にとって貴重です。

何歳で、体重は何キロで、日々どれくらい運動していて、かつサプリメントやプロテインは○○メーカーのモノを飲んでいて…など。

こういったデータを多く保有すればするほど企業は次なるターゲットを選びやすくなりますし、もしかしたらダイレクトメールで顧客が求めているものをピンポイントに紹介できるかもしれない。

これからは「どれだけ多くのデータを自社で保有できるか」ということが重要になってきますので、個人の健康データを売買できるシステムは価値があります

 

コロぽち
コロぽち
運動すればトークンがもらえるだけでなく、その運動データすら売買してトークン化できるのか。面白いシステムだな。

 

 

BEAT(ビート) の購入方法

BEATは現在日本円での購入はできません。

国内取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入して、以下の海外取引所で交換しましょう。

海外取引所

 

BEATを買う手順は以下の通り。

 

  1. 国内取引所でビットコインかイーサリアムを購入。
  2. 上記の海外取引所に送金する。
  3. 送金した通貨とBEATを交換する。

 

バイオさん
バイオさん
取引所によってはBTC/ETHでは交換できない場合もあるので、取引所について簡単に調べてから送金するようにしましょう!

 

海外銘柄が日本の国内取引所にいきなり上場させることはまずありえないので、BEATを購入するにはビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入しておく必要があります。

 

コロぽち
コロぽち
国内取引所なら僕がいつも使用している「Zaif」をお勧めします。

 

最近QUOREAという自動売買ロボサービスが対応になったこともあり、仮想通貨取引がしやすくなったと感じる取引所です。

 

Zaifの新規登録はこちらから

 

Zaifの登録方法等に関しては以下のリンク先からどうぞ。

>>仮想通貨取引所Zaifの登録・2段階認証方法・メリットデメリットを解説

 

 

BEAT(ビート)の口コミ・評判

公式Twitter

 

 

Twitterを見てみましたが、まだ日本語のツイートは見かけられませんでした。

日本ではまだそこまで注目されていない銘柄のようです。

 

TwitterAuditでの評価

2018年9月現在の結果ですが、Twitterのフォロワーを購入しているといった動きはないようですね。

良好な数値です。

 

 

BEAT(ビート)のロードマップ(計画案)

  • Q3-Q4 2018:BEATトークンの取引所上場、BEATエコシステムα版公開
  • 2019年:ドイツでのBEATエコシステムの展開
  • 2020年:BEATエコシステムの世界への展開、パートナージムとの提携拡大
  • 2021年:BEATエコシステムの世界的普及促進

BEATが本格的に始動するのは2019年後半あたりでしょうか。

日本の東京五輪に合わせてプロダクトが出てくれば、日本でも流行りそうな銘柄ではあります。

昨今の健康市場の盛り上がり様を見ていると、こういった銘柄が日本に入ってくるのも時間の問題かもしれません。

 

BEAT(ビート)の将来性・考察

バイオさん
バイオさん
僕の独断と偏見でこの仮想通貨の評価をしてみました。

 

プロダクトの将来性 ★★★★★(5/5)
注目度・認知度の高さ ★★☆☆☆ (2/5)
値上がり期待度 ★★★☆☆ (3/5)
競合相手の少なさ ★★★☆☆(3/5)
総合評価  ★★★★☆(4/5)

 

スポーツや健康の市場は間違いなく今後伸びていく分野だと僕は思っているので、この分野の仮想通貨には期待しています。

値上がりするとしたら大手企業とのスポンサーシップ契約を結んだり、著名なスポーツ選手がBEATアプリを使うと発表したりでしょうか。

ただしこの分野は競争が激しく、以下のような銘柄もありますので要チェック。(クリックすると公式ホームページに飛びます)

 

 

ちなみに「Lympo」に関しては当ブログには解説しておりますので、以下のリンクから合わせてどうぞ!

>>Lympo (LYM/リンポ) | 運動や筋トレで報酬がもらえる仮想通貨の特徴、将来性、購入方法など 【徹底解説】

Lympo (LYM/リンポ) | 運動や筋トレで報酬がもらえる仮想通貨の特徴、将来性、購入方法など 【徹底解説】運動や筋トレをして健康になるほど報酬(トークン)がもらえる仮想通貨「Lympo (LYM/リンポ)」に関して特徴・将来性・購入方法などを...

 

また上記3銘柄はスポーツ系に特化した銘柄ですが、医療系の銘柄も健康データを収集しており、健康データを売買するという観点から見ると相当多くの銘柄が競合になり得ます

現時点でこれだけ多くの銘柄がヘルスケア市場に入ってきているので、この分野に投資をしたい場合には必ずメンバーの経歴だったり、プレスリリースの内容を精査してからにしましょう!

それか実際にappを使ってみるとかですね。

使いにくいappはどんどんユーザーが離れていってしまうので、その判断は自分で使ってみるのが一番早いです。

 

というわけで今回は以上となります。

本記事が参考になったら、ぜひ「Presearch (PRE) | 検索するだけで仮想通貨が簡単にもらえる【次世代Google?】」もご覧ください。

1回検索するだけで数円程度もらえる仮想通貨になります。

登録方法もまとめておりまして、誰でもすぐ登録できますので下記のリンクより是非ともどうぞ!

Presearch (PRE) | 検索するだけで仮想通貨が簡単にもらえる【次世代Google?】Presearch(PRE)という検索するだけで仮想通貨がもらえる次世代の検索プラットフォームの特徴・将来性・購入方法などをまとめました...